子供さんにスマホをプレゼントするときに必要な決め事。

さて、格安スマホを子供のクリスマスプレゼントにと言う記事を書きましたが、単に渡しても子供さんは喜ぶだけです。保護者の方が必ずしておくべきことがあります。

スマホを持たせる目的を明確にし、約束事(決め事)の確認

目的を何にするのかはっきりと決めておきましょう。

小学生、中学生、高校生とその成長に応じて、スマホを何に使うのか(目的)をきちんと理解しておきましょう。その目的に応じた使い方をするだけで、それ以外は使えないようにするなどが必要になります。是非➡フィルタリングソフトの積極的な活用をしてみてください。

子供さんが、スマホの依存になってしまうのは、何でも調べ物をスマホで済ませら楽とか便利と思ってしまう状況がよくないのかも知れません。また、外で遊ぶところがないとか、放課後友達がいないとかそんな状況も考えられます。きちんと、ルールを作って、渡してあげるのがベターです。

仮にゲームの利用をOKする場合は、利用可能時間の制限なども、保護者の方で制限しておきましょう。

小学生なら

共働きなので、居場所確認。塾の行き帰りの連絡用。知育ソフトを使用。など、小学生の間は子供どおしの連絡手段等は必要ないんじゃないでしょうか?

ポイント

小学生低学年では、子供が、スマホの危険性とかをわかっていないので使える機能は、極端に絞っていきましょう。

使い道として、塾の行き帰りの連絡用のみなど極端に絞るなど保護者の方が、決めても大丈夫ですね。さらに、塾から帰ったら、物理的に取り上げてどこか保管する場所を決めておいてもよいでしょう。

中学生や高校生なら

中学生や高校生くらいになってくると、スマホを持つ目的も多種に増えてきます。

やはり、LINEを使うと言う目的が大きくなってきます。みんながLINEを始めたから自分で取り残されたくないとか、クラブの連絡網にLINEのグループが便利とかそういう事で持たざるを得ないようになっている場合もあるようです。

中学生

体も心も未成熟なので出来れば、勉強やスポーツに励んでもらいたいものです。その妨げになると親が判断したらあえてスマホを持たせる必要はありません。みんなが持ってるからと、一緒になる必要もないですね。個性が生まれないような気もします。

高校生

調べものを色々したいとか単なる連絡手段だけでなくなってきます。そこでは、親以上にスマホの利用方法もわかってくるので、アプリや、外部サイトや、SNSの使い方などについて、話し合いながらスマホを使用を認めていくのが良いと思います。

スマホを持つにあたり誓約書などを書いておく(書かせる)のも良いでしょう。

誓約書例

誓約書

甲(保護者)      殿 乙(子供)       

乙は、スマートフォンを持つにあたり、甲に対して下記の項目を守ることを誓約いたします。

  1. 使用時間について

    夜の17:00から20:00までとする。なお、特別な場合(クラブ活動など)は、別途、乙に対して時間帯の制限の変更を申し出るものとします。

  2. 注意*なお、定期テスト1週間前から終了するまでは、一切使用禁止とします。

  3. アプリの使用について
    不要なアプリは、使わない、ダウンロードしないようにします。
  4. LINEに関して
    LINEは、利用をトークなどに限定し、アプリはもちろん、友だち登録も、ふるふるだけとします。LINEで何か変なことや気づいたこと(いじめや、しかとなど)があったら、直ぐに相談します。自分に関することでなくても、友達のやり取りなどを見聞きしても、報告いたします。
    *甲と乙はお互いLINEの友だち登録すること。
  5. 調べ物などについて
    スマホで調べものをしたい時は、何が必要なのか相談します。辞書アプリなどが必要なときは、全て相談いたします。
  6. 持ち出しについて
    学校などには、一切持っていかない。外出時に持って出るときも必ず甲の許可を得ることとします。
  7. スマホの保管場所
    スマホは、使用するとき以外は、常にリビングのたなにおいて置きます。
  8. 勝手に、設定を変更したりするようなことは一切致しません。

これは、中学3年生の卒業式の属する3月まで有効とする。

甲によって、ほとんどのスマホの機能を制限し、必要最小限のものだけ使えるようにしています。

注意 もし、乙が上記約束を破ったりすることがあった場合には、甲は、残念ながら一週間使用禁止(取り上げ)などの措置を行うものとします。
また、乙が繰り返した場合には、無期限使用停止になることもあります。

2016年 月 日


自分でも使ってみる

子どもさんを安心安全に見守るのは、フィルタリングソフトだけに頼っているのではなく、少しくらいはご自分も参加するほうが良いと思いませんか?

LINEの友だち登録

LINEについては、保護者の方も理解しておくことが必要です。夫婦間はもちろん、親子間でも積極的に使われるのが良いかもしれません。保護者も必ず、子どもとLINEで友だち追加しておきましょう。

そうすれば、何か、トークで「今どこ?」とか、今日のご飯は何々だよ・・・?」「晩御飯は、何食べたいとか?」こんなやり取りをLINEを使って行っている人もいるようです。ただ、子供さんに鬱陶しがられる場合もあるので、そのあたりはそのご家庭の持つ雰囲気とか、関係とかにもよると思います。

又、既読スルーと言うのが問題になっていますが、保護者の方がトークを送っても中々既読になっていなかったら、心配になってきます。これが、LINEの既読スルー問題なのかなと少しは理解できるかもしれません。

LINEで、親子間のコミュニケーションを図る!?

LINEは、友だち間のコミュニケーションを図るためのツールです。親子間でも友だち追加して、積極的に利用することで、何か、トラブルがあったりしたら、直ぐに相談に乗れたり助けることが出来るかもしれません。

普段から、友だち感覚で子供さんと積極的にコミュニケーションを取れたら最高ですよね。

子どもさんを先生代わりに・・・

せっかくなので、子どもさんと一緒にLINEなども使ってみて、わからなかったら子どもさんに聞いてみるのも良いかと思います。子どもさんを先生代わりにすることです。

良くあるパターン

「俺何にもわからない。今度、子どもに聞いておくから」とか言う保護者の方もおられるのですが、何もわからないのでは、子どもさんに足元見られないか心配です。

わかっていても、わざと聞くくらいでも良いのかも知れません・・・。

教えてもらいながらも、自分で少しずつは、賢くなったほうが絶対に良いです。そうじゃないと、子どもさんが、どんないじめを受けてるかなど理解できないはずです。

さらに、フィルタリングソフトの管理は、子どもさんにはさせることが出来ません。最低限のことは、保護者の方がわかってないと駄目なんです。俺は、PC(パソコン)は、わからないでは済まされません。

まとめ

子供さんにクリスマスプレゼントでスマホを持たせるなら、決めごと(ルール)を話し合いで作ること。小学生なら、ある程度一方的でも構いませんが、中高生になると、相手の希望や意見などを取り入れながら決めましょう。

誓約書なども、作っても良いかと思います。

さらに、せっかくなのでLINEなどのコミュニケーションツールを積極的に使って、家族間のコミュニケーションを図っていきましょう

ご自分でも最低限は使ってみることも大切です。

当サイトおススメ!持たせて安心安全な⇒キッズ(子供)向け格安SIM(スマホ)ランキングはこちら