「格安SIM(スマホ)って何?」

格安スマホ(格安SIM)で、通信料金が安くなるのであれば、子供に持たせたらいいんじゃないのかとお考えの方も多いかと思います。その前に、よーく格安スマホ(格安SIM)について理解しておきましょう。

なぜ格安SIM(スマホ)は、キッズ(子供)用に使えるのか!おすすめなのか!も良く理解できると思います。

「そもそも格安SIMとは何なのか?」

Subscriber Identity Module(サブスクライバー・アイデンティティ・モジュール)の略で日本語にすると【加入者識別規格】となります。また一般的にSIMと言われるのは「SIMカード」の事を指します。

このSIMカードは、使用するデータ通信や音声通話などを行うために、必要不可欠なICチップカードです。スマホやガラケー、タブレットなどのモバイル端末に差し込んで使用します。

「そもそもMVNOとは・・・?」

Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略。大手キャリアNTTドコモ、au、softbank(MNO)が持っている通信網の一部を借りて通信サービスを提供している事業者のことを指します。

このMVNO業者が提供する通信サービスに不可欠なのがSIMカードになります。ユーザーは、MVNOの通信サービスを利用をする時に、提供されたSIMカードを端末に差し込んで利用することになります。

「SIMカードは、大きさによって3種類存在します。」

SIMカードは、大きさが異なります。最近の端末は、nano(ナノ)サイズが多いようです。SIMカードのサイズ(標準/micro/nano)のは、3種類です。SIMカードを購入する時は、端末がどのSIMカードの大きさに対応しているか間違えないようにする必要があります。

SIMカードのサイズを交換することになると、3,000円前後の手数料がかかります。

「そもそもなぜに安くなるのか?」

  • 格安SIMのMVNO事業者は自社で通信設備を持っておらず、それらを大手キャリア(MNO)からレンタルして通信サービスを展開しています。基地局を整備したり、通信設備の増強やメンテナンスに対するコストがかかりません。その分料金が安く提供出来ることになります。
  • データ通信量を必要な量に絞り、端末代やメールサービスを付加しないことや、店舗網を持たず、申し込みをwebのみに絞り込んだりしてサービス内容をシンプルにしているため、さらなる低価格での提供が可能となっています。
  • 新規参入なので、大手通信キャリア(NTTドコモ、ソフトバンク、au)の顧客を奪い取るためには、ユーザーにとって一番理解しやすい価格訴求で勝負しているのです。
  • 新規参入の障壁も低く乱立気味の状況で、MVNO同士の価格競争が激化し、その料金プランが低く抑えられる傾向にあります。

キッズ(子供)やお年寄りに優しいMVNOが登場

2016年以降、価格だけでなく独自のサービス(電話かけ放題プランや、キッズ(子供)やお年寄り向けに特化したプラン)を大きく訴求する会社も現れました。これからは低価格だけでなく、サービス競争も一層激しくなってくるものと思います。

2016年の秋に新規参入した、LINEモバイルでは、子供さんのユーザーや、若者の利用者をターゲットにしたSNSのデータ通信をカウントしないカウントフリーサービスや、子供の見守りソフト(i-フィルター)を無料で使えます。

TONEモバイルも、子供に持たせて安心な見守りソフトや、シニアに使い易い設定になったアプリや端末が人気を呼んでいます。

格安SIMのメリット・デメリットは何があるの?

格安SIMのメリット

  • とにかく月額料金が安い。
  • 契約期間の縛りが少ない。
  • 古いスマホを、そのまま利用できれば通信料金が激減する場合がある。
  • 多彩なプランや変更の自由 自分の用途に合わせて自在に変更できる。
  • 1枚で複数端末で利用可能。例えば、出先でタブレットを使いたい時は、差し替えるだけで使うことができます。

格安SIMのデメリット

  • 通話料金が割高になる場合が多い。通話時間を制限した、し放題プランも登場してます。
  • *又、IP電話で安く使えたり、アプリを入れる事で通話料金を安くできるようなMVNOもあります。

  • 電話や店頭サポートが大手に比べると手薄(ほとんどありません)?最近ではチャットサポートなどが充実。
  • 通信速度やデータ転送量(容量)に制限があります。
  • キャリアメールや割引利用不可。もちろん、キャリアメールの引継ぎも出来ません。
  • 格安SIMは、主にNTTドコモと、au回線を使っていますが、端末によって使えない場合があるなど複雑。

「格安SIM(スマホ)で、通信料金がそんなに安くなるの?」「いくら違うの」

大手キャリアと料金はどのくらい違うの?

大手キャリアの場合、基本料金+電話し放題プラン+パケ放題で大体9,000円前後です。

これが、格安SIMの場合、2,000円くらいに抑えることが出来ます。電話の通話が少なく、ネットもスマホではメールや、簡単な調べものしかしないと言う事であれば、とても少なく済みます。

大手キャリアから9月末にMNPで格安SIMに変更しました。

softbankからの乗り換え 通常の月は9,000円前後。最終月は、MNP手数料(3,000円)と解除金(9500円)。2年縛りが2か月ほど残っていたのですが、思い切って決断しました。年間84,000円くらいの節約になりそうです。月間-7,000

実際の明細表はこちら。(機種代金は払い終わっています。)

今まで、何となく契約していたスマ放題は、契約解除料もかかるし無駄でしたね。多い月で2GB、それ以外はこの一年ずっと1GB以下・・・。


格安SIMスマモバにMNPで乗り換え(初月は事務手数料と日割りのみ) 音声通話付き データ通信量3GBのプラン。翌月からは、1709円。

2-3か月もすれば、解除金分くらいは十分に元が取れてお釣りが来ます。

節約するポイントとして、wifiで、パケット消費を抑えるようにしています。音声通話も、wifi環境で相手先がLINEのユーザーならLINEを使ったり、時には、PCの前にいる時は、Skypeで音声通話するようにしています。通常の電話をする時は、スマモバの場合は、専用のアプリをインストールするだけで20%OFFになります。

子供さんに使わせる場合は、音声通話がLINEなどのアプリなどで良いのであれば、月々500円~2,000円に抑えることも出来ます。

LINEモバイルであれば、安心安全に持たせて500円(月額/税別)でも、十分満足できる使い方ができます。

端末料金はどのくらいかかるの?

こちらの記事でも書いてます(タダで貰ったZenfoneGoとwifiルーターを1ヶ月使用してみた。)が、実は、最新機種のZenphoneGoを、無料でゲットできました(よくある実質無料などではありません)。ただ、それは特別な時期とかタイミングもあるのでなかなかタダで手に入れるのは難しいかと思います。

Android端末であれば、以前に比べると高性能のものが安く手に入ります。2-3万円でも、初心者、子供、お年寄りなら十分に使える機種がたくさんあります。

人気のiPhone7などは、高級品になるので、安く手に入れるのは相当困難です。

キャリアのキャンペーンだけでなく、街中の各代理店十店舗で行っている独自の割引キャンぺーンなどをチェックされることをお勧めします。。

各MVNOがセットで購入すると言う条件付きなら割引があるとかの情報を常にチェックし、24か月の縛りがあるならタイミングを見計らって安く乗り換えすることを検討しましょう。

電話番号は引き継げるの?

MNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)と言い、これを利用して今お使いの電話番号をそのまま格安SIMに引き継ぐことが出来ます。

今まで電話番号を様々なところに登録していたら、電話番号を変更してしまうと、全てのところの番号を再登録し直さなければいけません。

しかし、MNPが出来れば、そのままなので、何もする必要はありません。

ただし、

現在のMVNOのほとんどがdocomoの回線をレンタルして格安SIMサービスを行っています。NTTdocomoとsoftbankで最近購入した端末であれば、ほぼ問題なくどのMVNOを選択しても格安SIMが利用できるようになっています。

しかしauの端末だった場合は、現状では、利用できる格安SIMサービスを提供しているMVNOは、「mineo」と「IIJmio」とauの子会社の「UQ mobile」の3社のみとなります。ただし、「mineo」と「IIJmio」の2社は、NTTdocomoの回線のSIMサービスも行っています。
このあたりはしっかりと自分がどの端末を使っているのかと、どのMVNOであれば対応しているのか等を各MVNOのホームページで確認してください。

詳しくは、また別の記事でご紹介します。

子供になぜ格安SIM(スマホ)がおすすめなのかと選ぶ際のポイント

子供になぜ格安SIM(スマホ)がおすすめなの

  • とにかく、無駄がないので月々のコストが安い。
  • 子供の、見守り機能が充実してきた。
  • 無料のwifi(wifiスポット)などの普及。
  • Androidなら、安い手ごろな端末が手に入りやすくなった。
  • 自宅に眠っているスマホ(不要になった)を、利用できる(場合がある。)。
  • 大人になっても使えます。

子供向け格安SIM(スマホ)を選ぶ際のポイント

音声通話やデータ通信量、子供向けサービスが選択の決め手

  • 音声通話を使うかどうか?
  • データ通信が多いかどうか(動画などの視聴が多い)?
  • 音声通話不要/データ通信もSNSが中心。➡LINEモバイルがおすすめ
  • フィルタリングソフトが簡単に使える(もしくはインストール出来る)。用意されている。➡TONEモバイルがおすすめ
当サイトおススメ!持たせて安心安全な⇒キッズ(子供)向け格安SIM(スマホ)ランキングはこちら