LINEモバイルのカウントフリーについて詳しく見てみる

そもそも、カウントフリーサービスとは何なのでしょう・・・

LINEモバイル

一定のデータ通信をデータ通信利用容量の対象外とする機能をいいます。当社は、カウントフリー機能に係る業務を MVNE(仮想移動体サービス提供者)に委託しており、MVNE は、カウントフリー機能の実現のために必要最低限のデータ(IP アドレス、ポート番号、パケット内容のうちヘッダの一部(テキスト、動画、画像等のデータ内容含まない部分))を機械的及び自動的に識別することで、カウントフリー対象を識別しております。

音声通話以外のパケット通信した利用量の中から、例えばLINEにかかわるパケットの通信量を、カウント対象から外してしまいます。そうすると、月間パケット通信容量を5GBと契約しておいてもLINEの通信部分については、カウントされずデータ消費がなくなるので、LINEのヘビーユーザーにとっては、とてもお得に使えますよと言う事になります。

もちろん、LINEだけでなく、twitterや、facebook等についても、プラン次第で、使い放題と言う事になります。ただし、これには、ある程度利用に制約がある(*カウントフリーにならない通信)ので注意も必要です。

LINEモバイル、プラン別カウントフリー

LINEフリープラン・・・これはそのプランの名前の通り、LINEに関するデータ通信が無料(LINEアプリの通話・トークが使い放題)になります。LINEしか使わないと言う方はこのプランで十分です。
月額の料金は。500円~(税別)。月間データ容量 1GB。
コミュニケーションフリープラン・・・LINE以外にtwitter、facebook、Instagramが対象になります。
月額の料金は。月額1,110円~(税別)。月間データ容量 3GB、5GB、7GB、10GB kara 選択出来ます。

LINEモバイルでは、今若者に爆発的に人気が出始めているLINE LIVEは、カウントフリーの対象外です。LINE LIVEはは、動画ストリーミングサービスなので、通信量は大量に消費してしまいます。

LINEモバイル以外にも、カウントフリーサービスを提供

LINEモバイル以外にも、カウントフリーサービスを提供している会社が出始めています。

フリーテル
プランによっては、カウントフリーになるSNSなどがLINEモバイルより多い。(FREETEL SIMを使用した場合に、LINE、WhatsApp Messenger、WeChat、Pokémon GOで使用した一部の通信料が無料)のが特徴です。詳しくは、こちらでご確認ください➡https://www.freetel.jp/sim/ms_apgrade/ 実際、使うのはLINEやFacebook、Twitter、Instagramがほとんどなので変わらないのではないでしょうか・・・。

今、子供が夢中になってるLINE LIVEとは・・・

LINE LIVEは、スマホを使って自分でLIVE配信できます。LINEのアカウントを持っていればLIVE動画を見ることも出来るし、反対に自分がLIVE配信することも可能です。このLIVE配信は、日本では、ニコニコ動画やツイキャスが有名ですが、他にもYoutube、Facebook、twitter等でも同様のサービスがあります。今このLIVE配信の中でも、若者の間では、LINE LIVEも注目が集まっています。

本格的なサービス開始も2016年からですが、誰でも、LINEアプリの利用者ならリアルな今を配信したり、視聴することも出来ます。

配信中は、スタンプを使ったりフィルターを使って盛り上げることが出来ます。

余談ですが、wifiが使えたら利用しまくる

しかし、このLINE LIVEについては、LINEのカウントフリーは適用されません。他のLIVE配信同様、データ通信の使用量が大変大きいので、カウントフリーには出来ないようです。従って、月間容量の少ない契約プランだとすぐに、低速通信に切り替わり(利用制限)web閲覧などもほとんど出来なくなってしまいます。
どうしても、動画などが見たい場合は、容量の大きいプランにするか、ご自宅にwifiがある場合は、それを使うと安上がりになります。スマホで、データ通信をwifiを優先する設定にすることも簡単に出来ます。