ご自宅で使わなくなった古~いiPhoneはありませんか?

iPhone

眠っている古~いiPhoneを使う

日本では、シェアが最大のiPhoneなので、古~いiPhoneがかなりのご家庭にも眠っているはずです。これを子供さんの疑似スマホデビューする時に使いませんかと言う記事(iPhoneを子供さんの疑似スマホデビューに)を書きました。ここで言う古~いiPhoneとは、SIMロック解除も出来ない古い(=格安SIMも使えない)機種です。

家族の古~いiPhoneを再利用したり、誰かから不要になったiPhoneを譲りうける時に幾つか注意しておくべきことがあるのですが、意外と引っ掛かってしまうアクティベーションについてのお話です。

まず「iPhoneを探す」機能に注意

再利用する時、気を付けなければいけないのがiPhoneに搭載されている「iPhoneを探す」と言う機能です。この機能をオンにしておくと、iPhoneとApple ID紐づけられて、万が一紛失や盗難などに遭った時は、PCからその居場所を探したりする事が出来ます。また、万が一盗まれたとしても、アクティベーションロックがかかり、Apple IDやパスコードを入力しない限りは、工場出荷の状態に戻す(初期化する)ことが出来なくなります。つまり、盗んだ人が転売しようとしても、初期化も出来ないので、転売が実質的に不可能になってしまいます。

この「iPhoneを探す」と言う大変ありがたい機能ですが、もし、「iPhoneを探す」をオンにしたまま譲り受けると、次の人はApple IDもわからないので、データ消去などが出来ません。もしも、これが誰も知らない人から譲り受けたりしたら、Apple IDがわからなければ、使い物にならないと言う事態になりかねません。

ご自分の古いiPhoneなら、「iPhoneを探す」をオフにしてすべてのデータを初期化(消去)してから子供さんに渡す必要があります。この(オフにする)時、解約してしまっているiPhoneは、データ通信(3GやLTE)がその端末では出来ないので、wifiがつながる環境で行う*必要もあります。

*「iPhoneを探す」は、Apple ID がApple社のサーバに登録されているので、ネットがつながる環境がないとオフに出来ません。

余談::中古のiPhoneなどには注意が必要

中古のiPhoneなどを利用する場合や、貰うにしても前所有者が誰なのかが分かっていない時は、使い物にならなくなる可能性もありより慎重に購入する必要があります。アクティベーションロックがかかったままの状態で購入してしまう危険性もあります。

信用のおける中古の専門店であれば、大丈夫だと思われますが、オークションなどでは注意が必要です。

さらに、中古には、一般的に赤ロムと言われる、前所有者が何らかのキャリアなどとのトラブル(料金不払い・踏み倒しなど)で強制的に使えなくされている場合もあります。

さらに、最初は使えていても、急に使えなくなることもあります。回線契約は終わっていても、分割払いの代金を払い終わってないものをつかまされる場合もあります。子供さんが、『これ使わなくなったから上げる』と友だちから言われて使用している場合にも、急に使えなくなったなど・・たまにあるパターンです。

子供さんのスマホデビューならわざわざ無理して中古のiPhoneを購入してまで使わせる必要はないと思います。

解約していたら再度アクティベーションする必要があります。

まずはデータなど初期化

保護者のiPhoneを子供さんに渡すときにも、当然、ご自分が使っていた設定や個人データなどを消去するはずです。「iPhoneを探す」をオフになっているかを確認してから、データの消去が可能になります。

さらに、iPhoneなどのスマホは、解約時には通常SIMカードをスマホから抜いて回線サービスの提供会社に返却している場合があります。ご家庭に眠っている不要になった、iPhoneを子供さんに使わせる場合は、初期化して使わせる場合は、再度アクティベーションと言う作業をご自分でしなければなりません。

この時、有効なSIMカードが必要になってきますので、当然解約して返却していたら、有効なSIMカードを使ってアクティベーションが必要になります。

また、返却を要求されず、そのまま解約したスマホにSIMカードが挿したままの場合もあります。初期化しない限り、使用できますが、一旦初期化してしまうと、やはりアクティベーションが必要になります。

通常、スマホなどを大手キャリアなどから新規購入したときは、代理店などで手渡される段階で、アクティベーションがされているので、ほとんど気付くことはないはずです。

契約の切れた古~いiPhoneを使えるようにする(アクティベーションする)には・・・

SIMカードがない場合

キャリアの代理店などにアクティベーション用にSIMカードを貸してくれるようお願いしてみる。ソフトバンクのショップでは、その機種に対応したSIMカードがあれば、アクティベーションしてくれると言う情報があります。しかし、auでは貸してくれないとか・・・。念の為、この辺りは確認してください。

もし、代理店などにお願いするのが嫌とか、してもらえないなどの場合は、Amazonなどで販売されているアクティベーションカードと言うものを使えば簡単に出来ます。このカードは、数百円で販売されています(因みにキャリア別や大きさなどもあるのでご注意下さい)。あくまで、グレーかもと言われている手法なので自己責任でお願いします。

友だちや、ご家族などでiPhoneをお持ちの方がおられれば、アクティベーションする時だけ借りると言う方法もあります。アクティベーションが出来れば、抜いて返却しても大丈夫です。

もし、この時点で、アクティベーションロックされていれば、Apple IDなどを入力し、先にロック解除しておきます。初期化の作業を行ってからアクティベーションしてください。

iPhoneの再利用=iPodの様な使い方・・・

無事、アクティベーションが出来れば、子供さんにスマホを使わせることが出来ます。基本的には、アプリのダウンロードやインストールも出来ます。通常の電話などは出来ませんが、無料のアプリなどを使えば、電話も可能です。
ただし、LINEは、SMS認証が必要になるので(Facebook認証ならOKですが)無理して使う必要があるかどうかは、ご自分たちでご検討下さい。

スマホ ロック
おすすめは、Googleハングアウトを使う方法です。こちらは、LINEに比べると機能面では劣りますが、シンプルなので使いやすく、音声通話も無料ですが音質も非常に良く、Googleのアカウントさえあれば簡単に使えるようになります。➡こちらの記事で詳しく紹介しています(2017年 子供のスマホデビューにグーグルのハングアウトがおすすめ。)iPhoneでも使えるのでぜひお試しください。