iPhoneのファミリー共有でアプリのダウンロードをブロック

子供のスマホデビューには、アプリのダウンロードを管理するのが重要

iPhoneをお使いの子供さんの場合、Androidとは異なりフィルタリングアプリでは、当サイト一押しの、フィルタリングアプリ(i-フィルターのi-os版)をインストールしたとしても、アプリのダウンロードのブロックが出来ません。しかし、子供さんに、スマホを持たせる場合に多いのがお家に余っているiPhone。出来れば、そのまま渡すのではなく、キチンとしたルールを作ったり、今回ご紹介する様な、物理的に機能制限でブロックしてしまうのが早いように思われます。

先日の記事では、子供さんのiPhoneの中に入っている機能制限を使ってアプリのダウンロードを全面的にブロックする方法をご紹介しました。

iPhoneのファミリー共有を使ってみる

機能制限を使う場合、全てのアプリのダウンロード制限をすることになりますが、今回は、Appleで用意されているファミリー共有(無料)を使って、保護者の承認がないと有料のアプリのダウンロードを出来なくすると言う方法です。

このファミリー共有を使う場合、無料のアプリのダウンロードは、iPhoneの機能制限を許可しておけば、自由にダウンロード出来、有料のアプリについてだけ承認が必要などと言う設定が出来ます。

なお、管理者が、家族のメンバーが購入したコンテンツの代金を支払うことになります。注意:メンバーがコンテンツなどの購入を希望する場合は、必ず、管理者の承認が必要とするように設定して下さい。

また、このファミリー共有は、どちらかと言うと本来の使い方としては、管理者や家族の方が購入(承認が必要)した有料のアプリなどは、ファミリー共有に参加したご家族(最大5名)は、利用できるようになります。

設定方法

まず、ご家族の中の成人1人が管理者となり、お使いの iOS デバイスまたは Mac から、グループのファミリー共有を設定します。その時管理者は、必ず、支払いのためのカード情報を登録する必要があります。有料のアプリなどを、共有することが出来るようになるので当然と言われればそうなんですが・・・

設定➡icloud➡ファミリー共有をタップ…


管理者の設定でカード情報を入力することが必須です。


家族にファミリー共有のメンバー登録を促す

メンバー登録を促すご家族には、その方のアドレスを登録して案内メールを送信。案内メールが届いたら、承諾してもらえばOKです。直接、管理者のiPhoneでご家族の方がAppleIDを入力する事でも、メンバーになることも可能です。ただ、ご家族が承諾しなければそれ以上は進みません。子供さんとかの、関係にもよるかと思います。大きくなってからでは嫌がるかもしれません・・・。管理者のiPhoneから、登録したかどうかもわかります。催促メールの送信も可能です。

子供さんのアプリのダウンロードをブロックする
アプリのダウンロードをブロック
未成年(20歳未満)の場合、管理者の承諾がないと有料のアプリなどの購入が出来なくなります。ただし、キチンと、「承認と購入のリクエスト」を有効にしておく必要があります。

そのほかにも、管理者が購入した、有料のアプリなども利用することが出来るようになります。

家族で「iPhoneを探す」

このファミリー共有に参加されている、ご家族の方のiPhoneがなくなったとか(見つからない)と言った時は、やはりiPhoneに用意されている「iPhoneを探す」を使って、他のメンバーの方のiPhoneを使って探し出すことも出来ます。

家族の居場所を探す」

子供さんをファミリー共有に参加させておけば、子供さんがどこに居るかを探す手段(居場所が確認)としても使うことが出来ます。子供さんのiPhoneの設定で、「iPhoneを探す」がONになっている必要があります。

13歳以下の子供さんのAppleIDを取得

なお、13歳以下の子供さんの場合は、保護者の方(管理者)がAppleIDを取得して登録します。これで、小さなお子さん(13歳以下の子供さん)のiPhoneもファミリー共有に登録が出来ます。