いよいよ卒業シーズンです。子供さんのスマホデビューにお悩みの方へ。

スマホデビュー

スマホを持たせるにあたり、参考にして見てください。

子供のスマホデビューはいつか?

小学生でスマホデビューの場合

ご両親が、働いているので緊急連絡用に持たせたい、塾の行き帰りが不安なので持たせたいなど・・・
シンプルなスマホでも十分(キッズモードがあるもの)です。

中学生でスマホデビューの場合

部活などの連絡手段としてSNSを使うので、持ちたい(持たせたい)等・・・
SNSを使うのは禁止させるとか、必要な場合はルール(決めごと)は「必須です。とにかく、利用のきっちりとした管理(監視が)をするのが無難です。きっちりとフィルタリングソフトを使いましょう

又、実際にはスマホデビューは早いと考えているご家庭も多いので、「みんな持っているよ!」と言う子供さんの言葉には鵜吞みにせず、本当に必要なのかよく検討しましょう。「義務教育の間はダメとか、働いて自分で払えるようになってからね」とか言うご家庭も多いようです。

高校生でスマホデビューの場合

みんなが持っている、持ってないと仲間外れにされる。SNSを使いたいなど・・・調べものに、スマホを使いたいなど・・・
高校生になると、多くの友達が持つようになりLINEなどのSNSは彼らにとって必須のコミュニケーションツールとなってきます。とにかく、使いまくりたい頃なのでどこまで、利用をOPENにさせるのかなどはよく考えて、子供さんとも話し合いながら納得した上で利用させる必要があります。中学同様高校卒業まで、フィルタリングソフトを使いましょう

フィルタリングソフトのi-フィルターでは、学年別などで利用できるアプリや、閲覧できるサイトの設定など細かく設定出来ます。

何を一番重要視する?必要な事!不安な事

スマホデビューで、大切な事、不安に思う事等をまとめてみました。

費用について

格安スマホ(SIM)をうまく使えば、月々の通信費は相当安く抑えることが出来ます。

TONEモバイルでは1000円から、LINEモバイルは500円から契約することも出来ます。

節約(出来る限り抑えたい)したい、と言うのは切実な問題です。高校生ならアルバイトなら自分で払わせると言う保護者の方もいらっしゃいます。
キャンペーンを上手く利用する!事も重要です。

ご家族の方の不要になったスマホを使わせる➡ただし、使える機種や、どこのキャリアの端末を使っていたかなど、細かいチェックは必要です。

スマホデビューは不安が一杯あり過ぎ

スマホデビューは、適切な時期と、利用の目的を明確にしておく必要があります。保護者の皆さんが、一番心配なのがスマホを持つことによる危険性です。

SNSの利用でいじめなどが心配

最近では、LINEによるいじめなども良く話題になっています。最大の悩みは、これかも知れません。しかし、LINEはコミュニケーションツールとしては非常に使いやすくて、便利と日本では大人気です。特に10代後半から20代では圧倒的です。もちろん、機能制限があっても小、中学、高校生でも使用することは出来ます。

最近では、おじいちゃんおばあちゃんもLINEでお孫さんとのやり取りなどに使うなど人気です。

このサイトでも、様々な機会に取り上げてきましたが、ある程度保護者の方も、ご自分でSNSを使っている方の方が、よく理解できるのではと考えています。LINEのどこで、どういう風にいじめが起きるのかと知っておくことも大切です。保護者の方も、LINEの使い方をよく理解することで少しは、心配も減るのではないかと思います。

完全な防衛手段にはなりませんが、そういった、LINE以外のSNSの使い方もふくめて、保護者の方も一緒に使う事が重要になっています。

不適切なサイトの閲覧

これには、18歳未満の方には見せたくない動画や、画像がいくらでも見ることが出来る時代です。キチンと、フィルタリングソフトなどで制限してしまう事が大切です。

スマホ依存症

ゲームにのめり込んでしまう。➡朝、学校に行く時間に起きれなくなり、遅刻しがちになる。そのまま学校に行くのが面倒臭くなってしまうなども考えられます。

健康被害を防ぐ対策

これは、スマホ依存症まで行かなくても、視力等の著しい低下を招くこともあります。使用時間の制限をルール化するなどの方策が必須です。

例えば、1日2時間までとか、10時になったら電源を切るなどや、強制的に取り上げるなどの方策も必要です。

フィルタリングアプリの利用をお勧めします

何度も、当サイトで取り上げているフィルタリングソフトは、子供さんにスマホを持たせるのには必須です。大切な子供さんをスマホを持たせたことで、人生が狂ってしまった何て事にならないように絶対にしなければなりません。

格安スマホでも初めから、子供さんの利用を念頭に置いて提供されているものがあります。やはり、そういったスマホには、キチンとフィルタリングソフトを使う前提で組み込まれているものや、無料で専門のフィルタリングソフトを使う事が出来たりします。

ASUSのZenphoneのキッズモード

Zenphoneのキッズモードは、Zenphoneのスマホ自体に組み込まれているので、回線を提供する会社(格安SIM)は関係ありません。Zenphoneが使える格安SIMであれば、基本的に大丈夫です。機能的には、非常にシンプルなので、小さな子供さんに持たせる(小学校低学年程度)だけなら良いと思います。

おススメ関連記事
Zenphoneのキッズモード

LINEモバイル i-フィルターが無料で使える

フィルタリングソフトでは、抜群の人気と実力を誇るi-フィルターが無料で使えます。通常、i-フィルターを使おうと思えば、別契約で500円前後を必要とします。これがLINEモバイルでは、子供さんが18歳になるまで無料で使えます。LINEモバイルの本気度が伺えます。さらに、LINEモバイルでは、SNSのデータ利用量がカウントされないカウントフリーも注目です。LINEなどだけで十分と言う方には、音声通話を契約しないのであれば500円~でも使えます。

TONEモバイル 子供さん向けの独自のフィルタリングソフトが組み込み

専用の端末(OSはAndroid)が必須ですが、子供さん向けの独自のフィルタリングソフトが初めから組み込まれています。又、初心者やシニアの方に優しいスマホとしておすすめです。サポート体制も、リアル店舗でも受けられるし、リモートでオペレータが操作してサポートしてくれるところも嬉しいサービスです。

格安スマホは、不具合の修理などで、対応がXのところも多いのですが、LINEモバイルもTONEモバイルもサポート体制が非常に充実しています。