高校生では、スマホの保有は94.8%!今や持っているのが当たり前

内閣府調査では、中学生のスマホ保有は50%を超えました。高校生では、94.8%にもなっています。今や持っているのが当たり前の時代です。

スマートフォン・携帯電話の所有・利用状況高校生


高校生になってくると、中学生とは違った危険性も増え、大人でも巻き込まれるトラブルに遭ったり、性的な被害に遭っていくのもこのころだと思われます。特に、高校生ではSNS(LINEなど)も利用するのが当たり前で、いじめなどの問題も発生しやすく、又、出会い系などの誘惑などでもトラブルに巻き込まれるケースが出てきます。

高校生になったら特に注意したいこと

高校生に持たせる場合、中学生とは違い、ある程度レベルの高い利用の仕方をドンドンしていきます。又、保護者との関係にもよると思いますが、強制的に何かを制限する場合は、かなりの抵抗があり、上手くコントロールできなくなる場合もあるかと思われます。

ただ、子供さんの将来のことを考えると、キチンとした対応で臨んでおくのがベターです。出来れば、中学生と同じく高校生でもキチンと、スマホの利用に関するルール作りが必須です。ただ、高校生になると、何かルールを一方的に、押し付けるのではなく、キチンと、話し合いのもとに危険性などを説明そ、理解させ相手にも納得させて行くのがベターでしょう。

SNS(LINE、Twitter)の利用や掲示板などによるいじめが心配

LINEなどSNSによるいじめは、親が特に気付きにくいので要注意です。出来れば、やり取りなどを保護者が確認できるのが一番ですが・・・。何か異変があれば、早めに察知し、それを、子供にも遠慮なく報告相談させることが重要です。

また、掲示板への不適切な書き込みなどが発見された場合は、運営する業者やプロバイダーに連絡して削除を依頼する必要があります。どうしても、上手く対処できない場合は、学校の他、警察(生活安全課など)にも相談することも検討しても良いでしょう。

LINE(SNS)の利用は当たり前!
LINE 統計

出会い系の利用

スマホでは、簡単にダウンロード出来る出会い系のアプリも存在します。興味本位であっても、そういう所を利用してそれが犯罪に巻き込まれる可能性もあります。

これらの、出会い系を利用している人は、買春目的で売春を強要したり、女性を言葉巧みに集めてそういう事をあっせんする組織にスカウトみたいな形もあります。ですから、この様な、出会い系だけは、保護者の責任で使わせないようにさせる必要があります。

スマホの使い過ぎによる視力の低下や睡眠障害

肉体的な面では、スマホの使い過ぎによって視力の低下や睡眠不足が考えられます。ゲームのやり過ぎや、SNSでのやり取りを終わらせることが出来ないなど使い過ぎて、視力の低下はもちろん睡眠不足で学校への遅刻が頻発する事もあります。

不審なサイト閲覧や不審なメールでのトラブル

子供さんが、色んなサイトを閲覧していると、誤って不用意にリンクをタップしてしまう場合もあり、巧妙な仕掛けがあれば、ランサムウエア(身代金を要求)を感染されられたりします。見ず知らずの人からのメールを不用意に開けて感染なんてこともあります。

不用意に写真を撮らせない送らない!

出会い系を利用する人は、まず、女性には、写真を送れと要求する人も多いそうです。『まずは、写真で確認してから、仲良くなるのが当たり前だろ!それから、始まるよ^^^』と言う事らしいです。

出会いを求めてる女性は、意外とそれを受け入れるらしいのですが、最近では大人は相手にされないらしく、通用するのが中高生までになってるとか・・・でより危険にさらされるリスクがあるのです。やはり、分別の付く大人より低年齢の子供たちをターゲットにする傾向があるようです。

また、付き合い始めて、無理矢理に裸の写真を撮られたとかそういう事例まで発生しています。こういうのがリベンジポルノとして、交際が終了後にネットに拡散されたりする現状もあります。

意外と高校生になると保護者は、安心しているのかも・・・

青少年のインターネット利用に関する保護者の取組(スマートフォン)
青少年のインターネット利用に関する保護者の取組(スマートフォン)

この調査の結果では、子供さんが高校生になるとインターネットの利用などは、ネットの利用時間の制限もしなくなっている(利用時間などのルールがあるのが、高校生では17.1%)ようです。気にはなっていても、子供もだんだん大きくなっていくからと言う事でしょうか・・・?。

元々、スマホの管理は行っていても、ネット利用の管理自体も行っている人が少ないのも(高校生の保護者で18.8%)意外でした。スマホを持たせていて一番怖いのがネットの利用のはずです。やり方がわからないのかも知れません。

しかし、高校生あたりから、ドンドン危険性も出てくる部分もあるので、そのあたりは少しずつ話し合いをしながら、開放していくのが良い様な気もします。

ネット利用の管理の方法がわからない?

もし、ネット利用やスマホ利用の管理の方法が良くわからないなら、簡単に出来るフィルタリングソフトの使用がおすすめです。一応、高校生のご家庭では、46.1%がフィルタリングを利用しているとのことですが、半分以上は未使用です。
例えば、利用時間の制限、有害サイトの閲覧制限、アプリのダウンロード制限、通信データ履歴の把握など多機能なものがあります。高校生、中学生、小学生など、学年に合わせた設定なども出来るので比較的簡単に導入できます。

フィルタリングソフトの関連記事
LINEモバイルは、18歳未満の子供さんならi-フィルターが無料で使えます。
LINEモバイルの無料で使える(i-フィルター)を使ってみました!フィルタリングソフトi-フィルターの紹介記事です。
キッズ(子供)におすすめスマホ|LINEモバイルについてまとめ。
キッズスマホ|LINEモバイルがキッズ(子供)用におすすめなわけ

さらに、フィルタリングソフト以外にも、ウイルス(マルウエア)の感染や、個人情報の流出の保護を目的としたセキュリティソフトをインストールされるのもおすすめです。

おすすめの関連記事
マカフィーで、家族のスマホをまるごと様々なリスクから守る設定!では、スマホや、PCなどにインストールして、一元管理出来るマカフィーをご紹介しています。