間違いのない格安スマホランキング forキッズ(小学生)2017

キッズモード?

小さな子供さん(キッズ=小学生)にも、持たせようかと色々検討されている時期です。当サイトでもキッズモード関連のキーワードによる検索で訪れていただいている方が多いようです。

そもそもキッズモードとは!?
スマホや、ガラケーなどを子供さんに持たせる時に、不要な機能を制限することが出来る設定とでも呼べばいいのかと思います。
キッズモードを設定しておくと、小さな子供さんにとって有害なアプリのダウンロードの制限や、不特定多数の方との電話やメールの制限、インターネットを遮断などが出来るようになります。

キッズモードは、端末に組み込まれている場合や、アプリなどを利用して行う場合などがあります。大手のキャリアでは、キッズモードに対応した端末(キッズケータイ、ジュニアスマホなど)を販売しています。

格安SIMでは、シムフリー端末のASUS ZenPhoneのキッズモードを利用するか、TONEモバイルのようにキッズモードとして使える『TONEファミリー』を利用したり、フィルタリングアプリ『i-フィルター』のようなアプリをインストールするなどして使うのが有効です。

*キッズモードには、それぞれ機能に差があるので注意が必要です。

キッズ(小学生)の方に持たせて安心の格安スマホをランキング

そこで、今回は、キッズ(小学生)の方に持たせて安心の格安スマホをランキングにしてみました。

やはり、キッズ(小学生)の方に持たせる場合は、月々の価格だけでなく、いかに安心安全に持たせることが出来るかが重要なポイントになってきます。もちろん、これは中学高校生になっても言える事です。

  1. ★キッズ(子供)用おすすめ格安スマホ(SIM)|TONEモバイル☆

    価格 4.5
    子供向け 5.0
    安心感 5.0
    価格:
    基本プラン1,000円~(税抜き)
    見守り機能:
    無料(保護者が未契約の場合は月額200円)

    子供用に安心、安全なサービスがすべて無料

    1. スマホの使用時間を制限の設定。
    2. アプリのダウンロードやサイト閲覧の制限の設定
    3. 歩きスマホ検知お知らせ
    4. 今どこにいるかを教えてくれる
    5. 子供が使いたいアプリはリクエスト!承認制
    おすすめのポイント

    ☆TONEモバイルは、非常にわかりやすくて、初心者、子供、お年寄り向けに絞ったシンプルなプランが特徴。毎月の支払料金は1,000円(税抜き)から選択できます。しかも、この料金でキッズ(子供用)スマホに必要な機能が満載。お子さんに、初めてスマホを持たせるには十分すぎるほどの機能で、安心して使わせることができます。
    ☆特に、小さな子供さん(キッズ=小学生)向けには、先日、東京都などから推奨が決まった『TONEファミリー』の機能は、居場所確認や歩きスマホお知らせ機能などが充実しています。

    格安スマホで心配だったサポート機能も充実しているのも心強い限り。とにかくシンプルでわかりやすいので、新規で端末もとお考えの方はぜひご検討ください。

    TONEモバイルのスマホがキッズ(子供)用におすすめなわけ


  2. ★キッズ(子供)用おすすめ格安スマホ(SIM)|LINEモバイル☆

    価格 5.0
    使用感 3.5
    効果 4.0
    価格:
    500円~(税抜き)
    見守り機能:
    18歳まで無料
    ☆LINEモバイルは、子供さんのスマホデビューには、検討すべきMVNOの一つです。まず、高機能のみまもりアプリi-フィルターが無料であること。データ専用プランなら500円から契約できます。しかも、LINEはSMS認証なしで登録も出来、データの利用に関してはカウントフリーになっています。

    おすすめのポイント

    ☆LINEモバイルは、TONEモバイルとの違いは、みまもり『アプリi-フィルター』は、あくまでサードパーティ製のアプリなので、若干、端末との親和性において不安感があります。
    しかし、多くのSIMロックフリー端末や、iPhoneなどでも使用する事が出来ます。特に、SIMロックフリー端末のASUS ZenFoneシリーズなどと組み合わせて使うと、相当小さな子供さんから大きな子供さんでも使うことが出来るのでおすすめです。

    LINEモバイルがキッズ(子供)用におすすめなわけ


  3. 大手キャリアとの比較

    大手キャリアと格安スマホとの一番の違いは、やはり、月々の料金。格安スマホでは、端末料金は別にして大体、1,000円前後で子供さんに安心安全にスマホを持つことが出来ます。

    大手キャリアのメリット

    大手キャリアでは、キッズ(子供)専用のスマホやガラケーを販売しています。しかし、端末は専用と言う謳い文句なので、機能も子供さんに必要な最小限なものに絞られています。確かに小さな子供さんにとっては、持ち歩きがし易く、独自の機能防犯ブザーが付いているなど専用ならではの、安心感があります。

    店舗も、日本全国にあるので、万が一故障したときや操作がわからない時に持ち込めると言う安心感があります。

    大手キャリアのデメリット

    専用のスマホやガラケーでは、発展性はなく子供さんの成長に合わせて、新しく機種を買い替える必要が出てきます。専用の端末なので、不要になったときには、他の人への流用が難しく、結局、そのキャリアに下取りしてもらって、大人の機種に変更すると言うパターンが見えてきます。完全に、キャリアさんの戦略にはまっています。

    まとめ格安スマホでは・・・?

    格安スマホのなかでも、TONEモバイルや、LINEモバイル小さな子供さん(キッズ(小学生))に持たせて安心の機能がたくさんあります。

    TONEモバイルの場合は、専用の端末(M15)が必要ですが、子供さん向けに優しい設計がされています。東京都などから唯一スマホとして推奨認定された「TONEファミリー」(➡TONEモバイルが青少年の健全育成で東京都など9都県市より推奨認定)の機能は、小さな子供さんにも持たせて安心のものばかりです。また、大きく(中学高校生に)なっても、保護者の方が設定を変更するだけでシームレスに使うことが出来ます。➡中学生以上にも推奨認定されています。

    LINEモバイルの場合は、子供さんのみまもり『アプリ(i-フィルター)』が無料で使えます。このi-フィルターは、小さな子どもさんが使う場合には、「TONEファミリー」と同じようにフィルタリング設定を簡単に子供さんの成長に合わせて変更する事が出来ます。
    LINEモバイルの場合は、子供さんが小さい間は、電話機能が不要と判断して、月額500円のデータプラン(LINEフリープラン)だけでも、コミュニケーションアプリ(LINE)などを使う事で、無料の通話をすることが出来ます。

    さらに、TONEモバイル・LINEモバイルともに、他のMVNOに比べてもサポートには力をいれているので、比初心者の方には、、安心して使えます。

    多くのMVNOが電話サポートせず、チャットだけだったりすることが多いのですが、TONEモバイル・LINEモバイルとも電話などのサポートも行っています。TONEモバイルは、全国の取扱いのあるTUTAYAの実店舗によるサポートや、オペレータによる遠隔サポート、置くだけサポートなど他社には見られない機能も用意されています。