子供のスマホデビューする場合には、出来れば、交わしておきたいのが簡単な誓約書

子供のスマホの誓約書(中学高校生向け)例をPDFにしました。

子供さんにスマホデビューする場合には、約束事が必須ですね。これを出来たら簡単でも良いので誓約書を交わしておかれたら良いと思います。こちらの記事で紹介している中学高校生向け誓約書についての記事(2017年子供のスマホデビュー誓約書例(中学生、高校生)永久保存版)を基にしました。よろしければ、このまま印刷するかダウンロードしてご利用下さい。

中学生には、LINE(SNS)が必要・・・?

誓約書の中での注意点。あくまで、筆者の独断と偏見です。例えば中学生でも、SNS特にLINEなどを利用させなけらばならない事もあるかと思います。ただ、義務教育の間は、出来る限りスマホの利用時間(使用時間)を減らして、勉強に集中させたいのが本音です。最近の研究では、1日のスマホを利用している時間が少ない方が学業が優秀であると言う結果も発表されています。

年々、一日当たりの利用時間が増えています。

・中学生では、スマートフォンの平均利用時間が122.4分 52.1%が1日2時間以上も使っています。
・高校生は、スマートフォンの平均利用時間が170.3分 72.1%が1日2時間以上も使っています。
利用時間

お助けママお助けママ

勉強したり、本を読んだり、テレビを見るよりスマホを見てる可能性があります。

その中でも、SNSなどでとめどなくやり取りが続いたり、LINEの既読スルーの問題(直ぐに返信する・・・)や、子供たち独自のルールでLINEをすぐにやめられず深夜までやってしまうと言うようなことも起きている様です。

高校生になると、ある程度自我も芽生え、自分で責任を持って管理する機会も増えてくると思います。また、調べものなどをネットを使うのが当たり前になっています。LINEなどのSNSもある程度使い方はもちろん、危険性がわかってくるはずなので、話し合いのもとで解禁していきましょう。


中学生向けPDF

中学生向け誓約書例1(空白)
使用時間帯や金額などは空白にしました。手書きで入力してください。

高校生向けPDF

高校生向け誓約書例(空白)
使用時間帯や金額などは空白にしました。手書きで入力してください。

この誓約書以外にもたくさんの決めごとが必要です。さらに、フィルタリングソフトなどをしっかりと運用するのが保護者の方の責務です。

しっかりと約束事、決めごとを子供さん話しあい、保護者の方も、スマホの運用についてきちんと理解してからこの誓約書を利用していただくのがベターだと思います。