格安SIMで子供のスマホデビューの料金を抑える方法。

子供の月々のスマホ料金を節約する賢い方法

子供にスマホを持たせるかどうか、いよいよ決断する時期になってきました。その中でも、どのようにして料金を抑えるのは、重要なポイントになってきます。
そこで、月々の料金を節約する為の賢い方法について考えてみました。普通の音声通話が必要なのかどうか?データ通信だけで良いなら、節約方法にも大きな幅が出てきます。

家族間や、本当の知り合いだけの通信なら下記の方法で十分です。しかし、緊急時の通報などをしたいとか言う事なら、音声通話付きのプランが必要になります。

また、また、料金が安いだけで契約するのではなく、子供さんのスマホに必須のフィルタリングソフトなどの費用(無料のものから有料のものまであり)も検討する必要があります。

①データ通信の契約だけで済ませる方法

この場合は、月々のランニングコストは、普通の音声通話をする場合よりかなり安くなります。ただし、090や080などの電話番号は、当然使えません(緊急通報も使えません)。月間に利用するデータの利用量によって、プラン(料金)が変わります。最近では、使った分だけ支払う柔軟なプランも登場しています。

しかし、LINEやハングアウト(GOOGLEが提供するLINEの様なサービス。もちろん無料)などのコミュニケーションアプリを使えば、無料通話も出来るのでこれで十分と言う考え方も出来ます。中学生くらいまでなら、それほど頻繁に通常の電話のやり取りが少ないでしょうから、こういったコミュニケーションアプリを使えば十分だと思われます。Youtubeなどの動画を閲覧するとか、Instagramなどの画像を頻繁に使うとドンドン容量が減ってしまいますが、LINEの様なアプリはそれほど、通信量も使いません。

又、SNS(LINEやFacebook,Instagram,Twitterなど)の月間に利用できるデータの利用量をカウントしない(カウントフリー)プランを使うのも賢い選択です。

ただし、LINEなどSNSのいじめなどが心配なら、通常の音声通話プランにして音声による連絡をメインにし、LINEなどを使わせない方法も考えられます。

②自宅などで、wifiをフル活用する

どうしてもYoutubeなどの動画を見たいとか言う場合は、wifiが利用できればそれを使うようにする事でデータ容量の消費を節約することが出来ます。さらに、最近では、外出先でもフリーのwifiスポット(コンビニなど)も使う事も出来ます。

③音声通話付きプランを契約する場合は、通話料金の節約アプリを利用する

格安SIMで音声通話付きのプランを契約する場合は、大手キャリアの様なかけ放題プランは存在しません。その代わりとして、1回の通話時間を制限したかけ放題プランなどが登場しています。

ただし、子供さんがそんなに頻繁に音声通話をするとは考えにくいし、長時間の通話も考えにくいと思われます。又、長電話をするならLINEなどの無料で通話が出来るコミュニケーションアプリを使う事で十分なはずです。

さらに、格安SIMを提供するMVNOは、独自の音声通話料金を割引してくれるアプリを提供している場合があります。インストールするだけで通話料金が割引になるので、これを利用して電話料金を、節約するのが現実的です。子供さんがスマホを利用する場合、無理をしてかけ放題プランを契約する必要はないと思います。ただし、この割引してくれるアプリの音声品質はあまり評判は良くなさそうです。

格安SIMで子供さんを見守るフィルタリングソフトを賢く使う

月々の通信料金を節約するだけではなく、子供さんのフィルタリングソフト(見守りソフト)が無料で使えるMVNOがあります。

フィルタリングソフトが無料で使えるのがおすすめ

子供さんにスマホを持たせるのに、必須のフィルタリングソフト。これは、ぜひ使ってほしいものです。このサイトであらゆる所でその必要性や有効性をご紹介しています。格安SIMを使う場合ですが、サービスを提供しているMVNOで子供さんの利用方法で取り組み方も違っています。

安心安全な、フィルタリングソフトを無料で使えるサービスを提供しているのがLINEモバイルと、TONEモバイル➡保護syがTONEモバイルの利用者なら無料(その他は300円)です。この2社は、単に料金を安くするだけでなく、子供さんに安心安全に使えることを念頭にしたサービスと言えます。さらに、他のMVNOでは、非常にサポートの悪い所もありますが、この2社に関しては、様々なサポート体制も充実しています。

LINEモバイルの場合

LINEモバイルで契約すると18歳未満の子供さんを使用者として登録すると、高機能のフィルタリングソフトi-フィルターが無料で利用できます。他のMVNOでは、月額の利用料金が数百円かかるので、子供さんに格安スマホを持たせるならLINEモバイルと言う選択肢はアリです。
LINEモバイルは、LINEフリープラン(データ通信のみ)なら月々500円(税別)で使えてi-フィルターも無料です。

LINEモバイルのキャンペーン(2017/2/1〜3/31)
2017/2/1〜3/31までに、音声通話SIM(データ+SMS+音声通話)で新規に利用開始された方全員の、6月と7月の月額基本利用料が無料になります!LINEモバイルは、もともと初月の月額基本利用料が無料なので、併せて「最大3ヶ月」無料です!

TONEモバイルの場合

TONEモバイルは、独自の子供さん向けの見守りソフト(フィルタリングソフト)を提供しており、あまり、スマホが不慣れな保護者の方にも安心して子供さんに持たせることが出来るサポート体制が充実しています。月々の利用料金も保護者もTONEモバイルの利用者なら無料(その他は300円)になります。TONEモバイルは、基本プランが月々1,000円(税別)で、フィルタリングソフト(保護者もTONEモバイルの契約者なら無料)やIP電話も使えます。

TONEモバイルの春キャンペーン(2017/2/24日~5/31)「基本プラン1年間無料」か「端末1万円引き」を選べるキャンペーンを実施中です。