子供のスマホデビューで知っておきたい法律について・・・

今まで、この記事でも散々子供さんのスマホデビューに必要な事をあげていました。

青少年インターネット環境整備法の認知度・・・?

しかし、子供さんにスマホデビューをさたせるにあたり、意外と知られてない法律がある事に気づきました。上記グラフを見てもわかるように、多くの保護者の方が、この法律の存在自体を知らないと言う事になります。

意識調査内閣府-青少年インターネット環境整備法の認知度
青少年インターネット環境整備法の認知度

平成21年4月施行の青少年インターネット環境整備法(青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律)で、子供さんがインターネットを安心して使えるようにと法整備がなされています。

保護者の義務と責務

この法律では、保護者の義務と責務が明確になっています。

要約:
保護者の義務 ・・・ 子供に携帯電話を買ってあげる場合には、携帯会社に「使用者が子供である」ことを申し出なければならないこと
保護者の責務 ・・・ 保護者は、インターネット上には、青少年の健全な成長に悪い影響を与える情報が氾濫していることを認識して、インターネット利用の際のルールを決めたり、フィルタリング等を利用して、子供のインターネット利用を適切に管理すること。
また、青少年の適切なインターネット活用能力の習得の促進に努めること。

この要約を読むだけでも分かりますが、子供さんにはスマホや携帯電話などを買ってあげる時には、使用者が誰であるかをキチンと伝えなければならない義務がある事。➡格安SIM提供会社では、そもそもクレジットカードでしか契約出来ないところが多く(=未成年での契約は難しい)さらに、使用者が18歳未満であることを登録させて無料でフィルタリングソフトを提供する(LINEモバイルなど)ところもあります。、

家族内でインターネット使用のルールをキチンと決めて利用させるようにしましょうと言う責任は、保護者にあるのですよと言うことになります。

フィルタリングが必須!フィルタリングソフトを有効利用・・・

そのためには、当サイトでも何度も、ご紹介しているフィルタリングソフトなどを利用して、子供さんに安心安全にスマホ(インターネット)を使わせることが出来るようになります。