子供に安心安全にYoutubeを見せるには

検索エンジン(Yahoo!やGoogle、Anoroidoなど)のセーフサーチを使って、画像や動画、ウェブサイトの検索をブロック出来るのですが、完ぺきではありません。

さらに、Youtubeに直接アクセス(http://www.youtube.com/)すると、セーフサーチをスルーしてしまいます。このYoutubeに、不適切な動画や、露骨な暴力的な動画も溢れています。今やYotubeのアクティブ率は、Facebookやtwitter等よりも高いと言われています。子供さんも見たくて仕方がないはずです。

子供に見せたくないYoutubeなどの動画をシャットアウトしたい!これは、保護者ならだれでも思う事。

Youtubeは、独自の規制があり一般的な不適切な動画(アダルトっぽいものはほぼ駄目)がアップされないようになっています。でも、規制を通っていても、できれば子供たちに見せたくない動画(グロ系、ソフトなエロ系)も山のようにあるのが現実です。

最初から子供たちには、Youtube自体を見せない設定をしておけば済みます。

➡スマホなら、パソコンやスマホには子供用のフィルタリングアプリ(ソフト)などを使えば簡単に閲覧制限の設定が可能です。

でも、子供さんが中学生くらいになると見たい動画などが出てきて、現実問題としてどうしてもYoutubeを見せてあげる必要が出てきます。

Youtubeの制限付きモードをご紹介

Youtubeのページを開いたら、一番下までスクロールし、制限付きモードをONにして下さい。

Youtube制限モード

この場合は、お子さんに設定を任せるのではなく、保護者の方が、ご自分のアカウントで設定すること。

制限付きモードを使用すると、YouTube を表示しているときに目にしたくないコンテンツや、家族が目にすることがないようにしたい不適切な可能性のあるコンテンツをできる限り排除することができます。YouTube では、コミュニティによる報告、年齢制限、その他の情報を使用して不適切な可能性のあるコンテンツを特定し除外しています。制限付きモードはすべての言語で利用できますが、文化的相違によって制限付きモードの精度は言語ごとに異なる場合があります。

さらに、あなたがご自分のアカウントで設定したら一旦ログアウトしましょう。そうすると、後に他の人(子供さんなど)が、別アカウントでログインしたとしても制限付きモードはONのままで、自由に動画を見ることができません。

制限付きモードを一度有効にすると、ログインしているかどうかにかかわらずオンのままになります。また、別のユーザーが別の YouTube アカウントでログインした場合でもオンのままになります。制限付きモードをオンにしたアカウントをログアウトして、パソコンの他のユーザーが設定を変更できないようにしてください。

次に、このままでは、簡単に子供さんが変更できてしまいます。制限付きモードをロックする必要があります。さらに、PCなどにインストールされているブラウザー全てについて設定する必要があるのでご注意ください。

制限付きモードをロックする

YouTube アカウントログインします。YouTube ページの一番下までスクロールして、[制限付きモード] プルダウン メニューをクリックします。
[このブラウザの制限付きモードをロック] を選択します。入力を求められたら、アカウントのパスワードを入力します。これで、アカウントの設定者でないと解除できなくなります。

Youtube制限モードロック

たぶん、こういった設定でお子さんの行動をコントロール出来るのは小学生くらいまでで、中学生になったら抜け道を使って幾らでも見ることができるようになります。又、Youtubeでは、自主規制で13歳未満までは、アカウントが作成できませんが、13歳以上になるとアカウントを自分で作ってしまうことが出来るので、勝手に作らせないように話し合いでルールを作っておく、もしくは、上述したフィルタリングソフトを使って、制限をかけることが重要です。

Youtubeの制限付きモードの検証

検索エンジン(Yahoo!やGoogle、Anoroidoなど)のセーフサーチと同様、Youtubeの制限付きモードについてどの位効果があるのか検証してみました。

検索ワード ヌード

制限付きモード
%e3%83%8c%e3%83%bc%e3%83%89%e5%88%b6%e9%99%90%e3%83%a2%e3%83%bc%e3%83%89

制限付きモードなし
%e3%83%8c%e3%83%bc%e3%83%89%e5%88%b6%e9%99%90%e3%83%a2%e3%83%bc%e3%83%89%e3%81%aa%e3%81%97


検索ワード 大麻栽培

制限付きモード
%e5%a4%a7%e9%ba%bb%e6%a0%bd%e5%9f%b9%e5%88%b6%e9%99%90%e3%83%a2%e3%83%bc%e3%83%89

制限付きモードなし
%e5%a4%a7%e9%ba%bb%e6%a0%bd%e5%9f%b9%e5%88%b6%e9%99%90%e3%83%a2%e3%83%bc%e3%83%89%e3%81%aa%e3%81%97

基本的には、ある程度制限できるようですが、Youtubeの危険性は保護者の方も検索してご自分で、触れておくことをお勧めします。

twitterは、Youtubeとは比べ物にならないくらい不適切!?

余談ですが、Youtube以上に気をつけねばならないのが、twitterです。twitterでは、テキスト(文字)ベースの誹謗中傷は、もちろん画像や、動画に関しては不適切なものが飛び交っています。

動画や、画像は、以前に比べると減りましたが、まだまだ、アダルト色の強いものも流され続けています。大人でも、こんなのありって言うのが結構タイムラインに流れていたりします。

もちろん、フォローしてる人が少なかったり、フォローワーが少ない間は大丈夫なのですが、やはり、みなさん(子供さんも含めて)フォローワー自体は、増やしたいものです。

このフォロワーを増やす方法を、節度を持ってやらないと、変なフォロワーばかりが増えて出会い系のサイトの売り込みや、アダルトサイトの売り込みなどが山のように送られてきます。

twitter自体、そういう怪しげな呟きをするアカウントは、どんどん締め出し(凍結)を行っているみたいですが、いまだに大量の不適切な呟きがなされています。

そこで、twitterに関していえば、一番良い方法はアカウントを作らせないこと。やらせないこと。多分、まだLINEのほうがましではあると思います。