LINEモバイルでLINEの年齢確認の方法と、さらに、LINEモバイルで子供さんを利用にしているスマホについて年齢確認はどうなるのでしょうか?

ほとんどの、格安SIM(スマホ)では、大手キャリアと違い年齢確認が出来ないので、18歳未満は根本的にLINE ID検索が出来ません。しかし、他の格安SIM(スマホ)と異なり、LINEモバイルでは、年齢確認が出来るので、子供の年齢確認などについて調べてみました。

LINEモバイルは契約時に年齢確認をしているため、LINEの年齢確認を登録することが可能です。年齢確認を登録することにより、友達をID検索することが可能になります。

LINEの年齢確認の意味は、18歳未満の場合は、青少年保護育成の目的もあって簡単にLINE ID検索で友だち追加出来なくなっています

ここで、気になることがあります。

LINEモバイルの場合、保護者が契約者で利用者が子供さんと言う設定が出来ます。フィルタリングソフト(i-フィルター※)を無料で利用する場合は、必ず利用者登録する必要があります。

※ i-フィルターの設定方法は、➡『LINEモバイルの無料で使える(i-フィルター)を使ってみました!』で詳しく解説しています。

このフィルタリングソフト利用する子供さんがLINEのアプリを設定してもきちんと年齢認証出来ない(LINEのID検索機能のが使えない)ようになっているのでしょうか。LINEのID検索機能がoff(年齢認証)になっていれば、OKなわけです。

LINEモバイルでLINEの年齢確認の方法

①「利用コード」の取得

LINEの年齢認証に必要なものは「利用コード」です。これは、LINEのLINEモバイルマイページにアクセスすると、デフォルトで大きく表示されます。これを、何かにメモするなどしておきましょう。

利用コードの確認


(表示されてない場合)

LINEモバイルマイページ➡「ログインID」「パスワード」入力➡契約情報➡利用コード欄まで下へスクロール


利用コードの確認2

②LINEアプリを起動

利用コードが用意出来たら、LINEアプリを起動して下さい。

「設定」➡「年齢確認」➡「年齢認証結果」➡「LINEモバイルをご契約の方」を選択


なお、注意が必要なのが自宅などでwifi環境で繋がっていると、認証できません。LINEモバイルの回線で通信しておくことが必要です。


③利用者が18歳未満の場合は、ID検索制限になります。

もちろん、18歳以上ではID検索可能になります。

LINEモバイルで18歳未満の子供用のフィルタリングソフト(i-フィルター)を使っている(利用者登録)時も、子供用が利用するLINEアプリは、年齢確認で制限されました。これで、LINEモバイルでLINEアプリも子供に安心して使える様に出来ます。

他の格安SIM(スマホ)の場合は、年齢認証が根本的に出来ないのですが、大手のキャリアの場合、親の名義のままでスマホを渡してしまう(意外と多いみたいです)と、年齢確認がスルーされてしまいます(ID検索可)。

LINEモバイルを子供さんに持たせる時は、保護者の名義で契約しても、利用者登録するだけで、子供さんのLINEアプリが、年齢確認でも認証されなくなります。

当サイトおススメ!持たせて安心安全な⇒キッズ(子供)向け格安SIM(スマホ)ランキングはこちら