なぜLINEの年齢認証(ID検索)が格安SIMで出来ないのか?

青少年保護育成のため

LINEアプリのサービスの中で、LINEのID検索や電話番号検索による友だち追加が出来るようになっています。このID検索や電話番号検索による友だち追加ですが、電話番号やLINEのIDさえわかれば、LINEアプリの中で簡単に友だち追加出来、友だちとして扱われるようになります。

見ず知らずの人と簡単に知り合いになれる危険

本来のLINEの目的は、知り合いとのコミュニケーションをより深く簡単にするためのサービスなので、元々知り合いでもない人との出会いに使おうと言う趣旨のものではありません。

しかし、誰かと知り合いになるために、LINE IDを簡単に教えてしまい、後でトラブルと言う事が頻発してしまいました。特に、問題になったのが、悪意のある第三者が、それを利用したりして青少年が犯罪に、巻き込まれることが多発してしまいました。

LINE IDは、取り扱いに要注意

掲示板には、私の「LINE IDは、何々なので、友だちになって!」とか、堂々と晒してる人もいます。今は、18歳未満は難しくなってますが、それでも20歳前後の多くの若者たちがそれを利用してます。ただし、気を付けないといけないのは、その掲示板自体に掲載されているLINE ID等が、犯罪を目的として掲載されているものも多いのが現状です。

また、ご自分がIDを掲示板に載せてなくても、誰かがそのIDを勝手に載せてしまい、ダイレクトメッセージなどが届くようになってしまったと言う事も起きてしまいます。(ただし、こちらが18歳未満であれば、検索結果にも出てきません。)

年齢確認で青少年を保護
そこで、LINEと大手キャリア3社が協力して、青少年保護の目的で18歳未満であることをスマホの契約時に登録した年齢で確認する方法を導入するようになった経緯があります。

大手のキャリア(キャリア3社に、Ymobileも出来ます)では、契約時の年齢確認が出来るので、18歳以上ならLINEのID検索が出来ます。また、今年登場したLINEモバイルは、年齢確認が出来る唯一のMVNO(格安スマホ)です。ただ、PCだと簡単にLINEのID検索や電話番号検索が出来てしまいます。

抜け道もあることを理解しておく

よくある間違い。
親の名義でスマホを使わせる。いらなくなった、スマホをそのまま子供さんに使わせると、銀行口座の引き落としもそのままで使えるから便利と思いがちですが、契約形態がそのままだったら、LNEの年齢確認は通ってしまいます。

このままの状態の場合は、フィルタリングソフトなどを使い、根本的にLINEのアプリのダウンロード(インストール)をブロックしたり、掲示板の使用などもブロックできます。ぜひご活用下さい。

LINEは、PCでも簡単に使えるようになっています。PCだと、年齢確認が出来てなくてもID 検索が出来ます。これだけは、必ず理解しておいてください。子供さんが、PCも自由に使われる環境では、保護者の方もそちらもきちんとチェックしておく必要があります。

フィルタリングアプリは、スマホにインストールするのも必須ですが、子供さんがPCも使われる場合は、フィルタリングソフトをインストールするなどの対策も必要になってきます。