ネットいじめなどが心配

LINE IDで友だち検索が出来る?

LINEの様々な危険について世間では騒がれています。今回は、LINEの年齢確認が出来てしまう事で、危険にさらされてしまうかもしれないと言うお話。

格安SIMは、LINEモバイル以外は、大人でも年齢確認(LINE ID検索)が出来ないので、それがネックとなって普及が進まないのではと言われるくらいです。

LINE ID検索は、やろうと思えば出来ます。

ネットでその方法が抜け道のように色々と紹介されています。

例えば、GOOGLEなどで検索してみてください。

キーワードに「LINE 年齢確認 抜け道、LINE 年齢確認する方法」を入れて、検索するとやり方の情報を見ることも出来ます。

PCを使う場合

PCからは、電話番号検索や、ID 検索ができます。年齢確認は不要です。子供さんがPCを使っていたら、簡単に電話番号検索や、ID 検索は出来てしまいます(相手が18歳未満や年齢確認が取れてないとID検索の結果には表示されません)

契約形態がおかしい場合

そもそも、契約時に、子供さんを使用者にしていない。単純に親の名義で契約して渡してしまったとか、親の名義そのままで、子供さんに、保護者のスマホをそのまま使いまわしにしているパターン(「これ使っておけ」みたいなパターン)

普通、キャリアの契約であれば、学割があるので子供さんの使用者登録はされていると思いますが、必ず使用者を子供さんにしておく必要があります。

この場合、子供さんがLINEの年齢確認を親の年齢ですり抜ける可能性が出てきます。(パスワード等は、必要ですが)親の年齢で、LINEのアカウントを作ってしまうようなことも考えられます。

QRコードで友だち追加

ID検索を使わなくても、見ず知らずの人と友だちになってしまうパターン。
QRコードを作成して、その画像を送ってしまうと言う方法ですね。

18歳未満の場合、LINEのアプリから送るのは難しいのですが、アプリでQRコードを作り、それをLINE以外のメールなどで送ってしまうと相手は、QRコードを読み取ることが出来るので友だち追加が出来てしまいます。

LINEでは、ID検索での友だち追加が出来ない未成年(18歳未満)の子供さんには、QRコードを見せて友だち追加するか、ふるふるで友だち追加をして下さいと言っています。

LINE友だち追加

しかし、これは目の前にいる人を想定したつもりなのですが、実際には、QRコードを使えば、どこにいるか分からない見ず知らずの人とも友だちになれてしまいます

*そのほかにも友だち追加出来る方法があります。招待、URL作成など・・・

対応方法
  1. 必ず、契約形態を間違わない事。使用者登録の確認が重要。簡単に、余ったスマホを渡さない・・・
  2. LINEのアプリで子供の年齢確認を行う事。そうすると、その端末を利用しているLINEのアカウントでは子供の年齢が登録されてしまうのでID検索が出来なくなります。
  3. QRコードは、出来たら使わせない事。友だち追加はふるふるなどを使うようにするのが一番
  4. 因みに、ふるふるは近くに居る人がどさくさに紛れて友だち追加してしまう事があるかもしれません・・・。

    LINEの年齢確認が出来ると何が出来るのか?(何が怖いのか?)

    LINEの年齢確認が出来ると➡電話番号検索や、ID 検索で友だち追加が出来ます。簡単に、コミュニケーションツールとして使いやすいLINEの友だち追加が出来るのは便利です。

    LINEでは、利用規約で見知らぬ異性との出会いを目的とする利用を禁止していますが、非公認の掲示板などの誰でも利用することができるウェブサイトやアプリにLINEのIDを公開し合って、見知らぬ人とLINEで友だちになるケースがあります。このような利用は、思わぬトラブルに発展する可能性もあります。

    しかし、この友だちの追加で起きる様々なトラブルなどが社会問題化しているので、18歳未満の子供たちには、ID 検索が出来なくなっています。又、18歳未満の子供さんがID検索でも表示されることはありません。さらに、年齢確認が出来てない場合も同様です。

    例えば、
    子供さんが16歳(又は年齢確認済み)ID検索をしてくる人が20歳(年齢確認済み)子供さんは、ご自分がID検索できませんし、ID検索をしてくる人の検索結果の表示も出来ません。

    子供さんが16歳(又は年齢未確認)ID検索をしてくる人が20歳(年齢確認済み)子供さんは、ご自分がID検索できませんし、ID検索をしてくる人の検索結果の表示も出来ません。

    注意 IDの方法なら見ず知らずの人とでも、幾らでも友だち追加出来ます。

    子供さんが20歳(確認済=ID検索可)ご自分がID検索できます。検索結果に*表示することも可能です。もちろん、検索してくる相手が18歳以上であれば、子供さんのID検索が可能になり、友だち追加が可能になります。

    ポイント

    LINEでは、誰でも18歳以上になれば、だれでも簡単にID検索も出来るし、反対にID検索され結果にも表示されてしまいます。そこで、検索に表示にするかどうかの設定があるので、まずはチェックをはずしておきましょう。そうすることで、IDや電話番号による友たち検索などもされなくなります。(今は、初期設定では、チェックされてません。)

    LINE ID 設定

    設定の確認 LINEでは、年齢確認は未確認、ID検索制限、ID検索可のどれかになっているはずなのでそれをご確認ください。

    LINEの年齢確認

    • 未確認となっている場合は、そもそも出来ない格安SIM(MVNO)などのスマホをお持ちの場合か、確認をまだ済ませてないケースです。
    • ID検索制限となっている場合は、年齢確認の上、18歳未満であるとなった場合はそうなります。
    • ID検索可となっている場合は、大手キャリアのスマホをお持ちか、LINEモバイルのスマホをお持ちで18歳以上であることを確認された場合に表示されます。

    LINEの年齢確認は、大手キャリアがLINEと一緒になって作った18歳未満の青少年をネットの危険から保護する目的で作られた仕組みであり、18歳以上であるかどうかを確認するためのものでもあるわけです。

    このLINEの年齢確認をしていれば、LINEのID検索や電話検索が出来ないのですが、PCを使ったり、間違った契約などをしてしまうと、子供でも使えなくはないと言う事になります。

    また、18歳以上で、今まで格安SIMの契約を躊躇されていた方も、年齢確認も出来、LINEの使用に関しては、どのプランを選択しても通信量がカウントされないLINEモバイルがおすすめです。

    ➡LINEの年齢確認に関しては、下記の記事などで詳しく紹介しています。

    どうして、LINEの年齢認証(ID検索)が格安SIMで出来ないの?


    ➡他にも、保護者の同意がいると言いながら、何も仕組みがないのでトラブルに巻き込まれる可能性があるものがあります。

    子供が使って起きるスマホの危険性|ヤフオクやフリマについて!

    当サイトおススメ!持たせて安心安全な⇒キッズ(子供)向け格安SIM(スマホ)ランキングはこちら