LINEモバイルでは、子供がスマホを安心、安全に使うことが出来るよう、高機能のフィルタリングソフト(i-フィルター)を無料で使えるようになっています。今回は、LINEフリー(500円税別)プランで使ってみました。

※注意 これからご紹介する設定方法などは、他のMVNOでオプションで利用できるi-フィルターと同じなので、ぜひ参考にしてください。

マイページにログイン➡利用者登録の設定確認➡アプリの申し込み➡i-フィルターのダウンロード

マイページにログイン

LINEモバイルに加入したら、マイページを設定しておきます。このようなメールが届きます。

LINEモバイル マイページ

%e6%89%8b%e7%b6%9a%e3%81%8d%e5%ae%8c%e4%ba%86%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%83%ab

マイページにログインすると、利用コードが表示されますが、これは、年齢認証などで頻繁に使うことがあります。

利用者登録の設定を確認

i-フィルターを使うには、LINEモバイル申し込み時に利用者登録をしておくか、LINEモバイルの契約終了後に、マイページにログインから利用者登録を追加する事で使用できるようになります(18歳未満無料)。

利用者は、名前や生年月日などを登録するだけで、年齢を証明するような書類を求められることはありません。ただし、18歳未満は親権者が承認しないとフィルタリングソフトの利用が必須になります。
➡18歳未満はフィルタリングソフトの利用が基本は義務です。(注意事項参照)
青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律

アプリの申し込み

i-フィルターの利用者IDが発行されます。このIDを使用することで、i-フィルターが使えるようになります。

i-フィルターのダウンロード

これで、無事i-フィルターがつかえるようになります。この様なフィルタリングソフトをうまく使ってお子供さんがスマホを使うことによる、様々なリスクを軽減できます。

しかし、フィルタリングソフトはあくまでも使用制限や監視をするだけなので、必ず、子供さんにはルールを守って使い方を間違えないようにさせることが重要(ルールを作ろう)です。

例えば、SNSを使っているときに、子供さんがどんなやり取りをしているかまでは監視することが出来ません。いじめにあっているのか、逆にいじめていないかとか、他人を誹謗中傷してないかなどまでは、監視することは不可能です。子供さんが、少しずつ成長して、正しい使い方を覚えていただくのが一番重要です。