このページでは、LINEモバイルの特徴や、メリットデメリットさらにはこんな人にはおすすめ、LINEモバイル簡単選択方法等を分かりやすくご紹介しています。

LINEモバイルは、文字通りLINEが運営する会社です。

LINEモバイルは、LINEが始めた、mvnoです。
LINEモバイルの最大の特徴は、LINEやtwitter,facebook,Instagramなどのデータ通信がカウントされない(カウントフリー)ことです。これによって、LINE(sns)のヘビーユーザーは、使いすぎによるデータ残量を気にしなくてよくなるのが凄くありがたいのです。当初は、Instagrmは、カウントフリーの対象外でしたが、11月から対象になるなど今後も増える可能性はあります。

さらに、18歳未満の子供のスマホには、必須のフィルタリングソフト(i-フィルター)を無料で使うこともできます。子供がスマホを持つことで危険にさらされることが心配な保護者の方には、嬉しいサービスです。

独自のサービスが面白い!・LINEとの連携に大注目!

SNSなどの対象サービスのデータ通信量をカウントしないサービスです。

カウントフリー?

カウントフリー以外のサービスが通信容量を使いきってもカウントフリーに該当する機能はずっと高速通信で利用することができます。

LINEのみがカウントフリーになるLINEフリープランと、LINE、twitter、facebook、Instagramがカウントフリーになるコミュニケーションフリープランの2種類から選択できます。

子供向けにおすすめフィルタリングソフト(見守りアプリ)が無料

高機能のフィルタリングソフト(見守りアプリ)が無料。

スマホなどを使う、子供には、フィルタリングソフト(見守りアプリ)がインストールされていることが必須(青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律)になっています。

LINEモバイルでは、スマホの契約者が保護者で、利用者が18歳未満の子供さんの場合は、別に利用者登録をすることでも使えるようになります。

中高生の間では、圧倒的なアクティブ率を誇るLINEですから、こういったフィルタリングソフト(見守りアプリ)を無料で提供することで多くのユーザーを取り込もうと言う戦略に見えます。

余ったデータを他のユーザーにプレゼント

他のLINEモバイルのユーザーに、ご自分の余ったデータをプレゼントすることが出来ます。

これもLINEモバイル独自のサービスです。LINEモバイルのマイページから簡単に出来ます。ちょうど、LINEのスタンプをプレゼントするイメージでしょうか。。。

LINEの年齢認証が出来ます(LINE本体との連携が嬉しい)

多くの格安SIM(スマホ)で出来ないLINEの年齢認証が簡単に出来ます。

このことで、LINEのサービスのLINE ID検索電話番号検索と言った機能が使えるのでともだち追加が簡単にできるようになります。18歳以上で、年齢認証出来ない事で格安SIMをあきらめていた方には嬉しいサービスです。年齢認証は、青少年保護の目的もあり採用された仕組みなので、子供さんの場合は、LINE ID検索出来ない使用になっています。

LINEのアカウント取得が簡単に出来ます(LINE本体との連携が嬉しい)

LINEモバイルのユーザーであれは、新規でLINEアカウントの取得に、SMS認証やfacebook認証が不要です。

500円(税別)のLINEフリープラン月間データ容量1GB(データ通信のみ)でも、sms認証せずに簡単にLINEアカウントの取得が出来ました。

LINEモバイルのマイページ(LINE本体との連携が便利)

LINEをインストールして、LINEモバイルの公式アカウントをともだち追加することでLINE自体にマイページを持つことが出来ます。
様々なことがマイページから出来ます。

  • データの残量の確認
  • SIMサイズの変更
  • 解約・MNP転出
  • データ通信量の追加購入
  • 他のユーザーに余ったデータのプレゼント
  • チャットによるサポート(準備中)

LINEポイントが貯まります(LINE本体との連携が嬉しい便利)

月額基本料金の1%のLINEポイントが契約者連携したLINEのアカウントに付与されます。必ず、LINEモバイルの公式アカウントから契約者連携しておくことが必須になります。

例えば、10月に申し込んだキャンペーンの500ポイントもついてました。スマホのLINEの管理画面から確認できます。

このLINEポイントは、LINEスタンプや着せ替えの購入などにも使えます。

LINEモバイルはこんな人におすすめです

子供にスマホを持たせようと検討中の人!!

フィルタリングソフト(見守りアプリ)が無料!

子供のスマホデビューさせるにあたり、どのようにすれば良いかお悩みの保護者の方も多いと思いますが、フィルタリングソフト(見守りアプリ)を、インストールすることで安心安全に持たせることが出来ます。しかも18歳まで無料なのはとてもありがたいです。このフィルタリングソフトでもシェアNO1のi-フィルターが無料なのは、LINEモバイルだけです。

使用時間の制限、不適切な、WEBや出会い系、アダルト、暴力、悪質な掲示板の閲覧のブロック、GPSを使った行動のチェック、さらにどんな言葉で検索してるかまでチェックできます。

年齢別に、許容範囲を変更したりと保護者にとっては、嬉しい機能ばかりです。こちらに、LINEモバイルのフィルタリングソフト(i-フィルター)のレビューもあります。

LINEなどのSNSを使いまくりたい人

LINE以外にも、faceebookやtwitter、Instagramを使っている方にも嬉しいサービス

LINEモバイルのカウントフリーは、LINEのトーク(テキストベース)やスタンプの送受信、だけでなく、動画や画像の送受信やスタンプのダウンロードや、LINE MUSICなどのダウンロードもカウントフリーになります。faceebookやtwitterのタイムラインなども動画再生までカウントフリーです。今まで、自動再生で、データを勝手に消費してしまうとお怒りの方などにも、今後は気にする必要が無くなります。

LINEポイントを貯めたい人!!

LINEモバイルだけでなく、様々な、LINEサービスで使えるのがLINEポイントの魅力。

カウントフリーサービスのおかげで動画視聴でLINEポイントをゲットする時もデータの消費量を気にする必要が無くなりました

格安スマホでLINEのID検索・電話番号検索をしたい人。

LINEの年齢認証が出来=ID検索、電話番号検索が出来るようになります。

LINEのID検索を使いたいと考えている人も格安SIM(スマホ)への乗り換えがしやすくなりました。

安上がりで上手にスマホを持ちたい人

通信量は1GBでLINEだけは使い放題と言うフリープランなら月額料金500円(税別)~。

もし、スマホをお持ちでない方にも、LINEモバイルを通してスマホをセットで購入することが出来ます。比較的、低価格のものから、高機能の最新モデルまで用意されています。

頻繁に端末の割引キャンペーンも行われていますので、購入時にはチェックされることをおススメいたします。クレジットカードもしくは、LINE PAY 等での支払いが可能です。分割の場合は、カード会社提供の分割になります。

LINEモバイルを使うときに気になる点は・・・?

LINEモバイルの気になる通信速度は・・・

カウントフリーの対象の通信ももそれ以外の通信も高速通信です。

今のところ、速度は十分に出ています(LINEモバイルの速度検証結果はこちら)。本格的なサービス開始が2016年10月からなので、契約者が少ない間は大丈夫かと思いますが、これから契約者が増えてくるとどういう風になるかは、今のところ未知数です。ただし、LINEモバイルも使用している回線はNTTドコモのLTEと言う事なのでそれほど心配する事はないと思います。

帯域を長時間占有するなど他のお客様の迷惑となる利用の場合、LINE、Twitter、Facebook、Instagramなどのカウントフリーの対象になる通信についても制限する場合があります。

このように書かれていますが、長時間占有した場合、どの位占有したら通信制限になるのかと言った具体的な数字は表示されていません。

気になるデータの消費は・・・

LINEモバイルでは、常時高速通信のON、OFF機能などもありません。
ただ、カウントフリー対象のsnsを主に使うなら、データ消費も心配する必要もありません。

カウントフリー対象のSNSをあまり使わないと言う方は、他のMVNOのように、高速通信のON、OFF機能などもないので、常時、高速通信で快適ですが、その分データ消費は早くなってしまう可能性があります。

例えば、Youtubeなどを頻繁に再生すると直ぐに、データはなくなってしまうので注意が必要です。出来れば、外出時は、無料のwifiスポットなども使ったり、自宅でwifiを使えるならそれをフルに活用するなどすれば、カウントフリー対象以外のサービスもデータ消費を気にせず安心して使えます。

また、許容データ通信残量が無くなると最大200kbpsの通信速度になってしまいます。これは非常に、遅く感じると思うので注意が必要です。

LINEモバイルの料金体系について

カウントフリー対象の違う2種類のプランから選択していくので分かりやすい料金設定です。

LINEモバイル フリープラン

カウントフリーとなる対象は:LINEのみ

フリープラン 1GB
データ通信のみ(税抜き/月額) 500円
データ通信+SMS(税抜き/月額) 620円
データ通信+音声通話(税抜き/月額) 1200円

(通話料金は、20円/30秒)

※(通話料金は、20円/30秒)

LINEモバイル コミュニケーションフリープランの料金

カウントフリーとなる対象は:LINE、Twitter、Facebook、Instagram
◎注目Instagramが11月1日より追加になっています。

コミュニケーションフリープラン 3GB 5GB 7GB 10GB
データ通信+SMS(税抜き/月額) 1,100円 1,640円 2,300円 2,640円
データ通信+音声通話(税抜き/月額) 1,690円 2,200円 2,880円 3,220円

(音声通話料金は、20円/30秒)

LINEモバイル オプション料金

注目はフィルタリングアプリ i-フィルターが無料

オプション 料金
留守番電話(税抜き/月額) 300円
割込通話(税抜き/月額) 200円
転送電話 無料
国際電話 無料
国際ローミング 無料
フィルタリングアプリ i-フィルター 無料(利用者が18歳未満の場合)
データの追加購入 0.5GB(500円)、1GB(1,000円)、3GB(3,000円)

※国際ローミング及び国際電話は別途通話料及び通信料が発生。※転送電話は別途通話料が発生。

(音声通話料金は、20円/30秒)

LINEモバイルを子供さんに持たせるなら・・・

LINEモバイルを子供さんに持たせる選択方法

  1. SNSは、LINEだけを使うのか、それともtwitter、facebook、Instagramまで使うの?
  2. カウントフリープラン以外は、どれくらい使うのか?
  3. 音声電話が要る要らない?
  4. SMSは、要る要らない?

例えば、
1.LINEだけ + 2.ほとんど使わない。+ 3.要らない + 4.要らない = i-フィルター付き(無料)LINEモバイル フリープラン1GB データ通信のみ(税抜き/月額)500円

1.LINE以外も使う + 2.ほとんど使わない。+ 3.要る + 4.要らない = i-フィルター付き(無料)LINEモバイル コミュニケーションフリープラン3GB データ通信+音声通話(税抜き/月額)1,690円

学生さんは、i-フィルター付き(無料)を申し込んでおく(利用者登録する)ことをお勧めします。

LINEモバイルで購入できる端末

常に、サイトで購入キャンペーンなどを行っていますので、チェックしてください。比較的安いモデルも用意されています。

タブレット

asus-zenpad-7-0
asus-zenpad-7-0

LINEモバイルで動作確認済みの端末は?

動作済み端末は、こちらでご確認ください。LINEモバイル公式サポートページ

Androidoは、もちろんiPhoneでも使えます。ただし、au,softbankの場合は、使えない機種もあったりするのでご注意下さい。

子供さんにLINEモバイルとご検討中の方へ

子供さんにスマホを持たせる(スマホデビュー)には、とてもバランスの取れたMVNOです。
中高生には、今や必須である、LINEやInstagram等のsnsを幾ら使っても無料。
しかし、使い過ぎに心配(配慮する)なら、無料で利用できるフィルタリングソフト(i-フィルター)を使えば、時間制限で、強制的に夜は使わせないなどの設定をする頃が出来ます。もちろん、出会い系や、アダルトサイトの閲覧もブロックできます。

しかも料金も安いのが、嬉しい限りです。ぜひご検討される事をお勧めします。

当サイトおススメ!持たせて安心安全な⇒キッズ(子供)向け格安SIM(スマホ)ランキングはこちら