LINE 捜査機関請求のうち58%で情報開示

LINE
無料通信アプリ大手の「LINE」は、捜査機関による利用者情報の開示請求の対応状況を初めて公表しました。去年7月からの半年間で、およそ1700件の請求があり、このうち58%で事件への関与が疑われる人物の電話番号やメールアドレスなどの情報を開示したということです。
それによりますと、去年7月から12月までの間に、警察や検察などの捜査機関から利用者情報の開示を求める請求は1719件あり、請求に応じた件数は58%の997件でした。
請求があった捜査機関のうち、およそ9割が日本の警察や検察などで、裁判所が発行した差し押さえや捜索の令状に基づくものがほとんどだったということです。
開示した情報は、事件への関与が疑われる人物や被害者の電話番号やメールアドレス、通信日時が中心ですが、アプリ上のチャット情報も含まれるということです。
会社側によりますと、国内の通信会社で捜査機関からの利用者情報の開示請求の対応状況を公表したのはこれが初めてだということです。

LINEは「捜査機関からの情報開示の求めにどの程度応じているか透明性を確保することが、利用者の安心安全に必要不可欠だと判断した」としています。

では、どのような情報を提供しているのか

・・・LINEの公式ページで以下の様に記載されています。

どのような情報を提供しているのか
対象事案の捜査や裁判に必要となる情報に厳格に限定して提供します。目的に対して捜査機関の請求範囲が広すぎると社内審査プロセスで判断した場合には、捜査機関へ追加説明を求め、場合によっては請求拒否します。事案に関係のない不特定ユーザーの情報を提出することはありません。開示内容には一般に当社で保有する以下情報が含まれます。
・ 特定のユーザーの登録情報(プロフィール画像、表示名、メールアドレス、電話番号、LINE ID、登録日時等)
・ 特定のユーザーの通信情報(送信日時、送信元IPアドレス)
・ 特定のユーザーの最大7日分のテキストチャット*
*エンドツーエンド暗号化が適用されていない場合に限られます。2016年7月1日よりデフォルトでエンドツーエンド暗号化が有効化されています。詳細はこちらをご覧ください。
*裁判所が発行した有効な令状を受領した場合に限ります
*動画/写真/ファイル/位置情報/音声通話の内容等は含みません。

チャット情報も提供と言う事は、トークのやり取りも把握できると言う事なら、捜査機関だけでなく、保護者なども何らかの方法で、提供してもらえたらと言う風には思います。捜査関係機関なので、犯罪の確証が無ければ動いてくれません。捜査関係機関が動いてから(犯罪が行われた後)では、遅すぎるわけですね。

事前に予兆を把握したい

事前に、SNSの子供たちの危険なやり取りを把握出来たら、保護者としては相当楽になります。現実問題として、中学生や高校生はほとんどがSNS特にLINEをやっています。LINEのいじめは、深刻な社会問題にもなっています。例えば、こちらの記事➡(またまた、LINE?どうやって子供にわいせつ写真を送らせたのか?)でもLINEでやり取りをしていた可能性があります。

事前に、保護者が何らかのシグナルをつかんでいたら、被害は防げたと言う気がします。ただ、LINE社は、こういったデータの中身については、何もする予定はないようです。

18歳未満の子供さんが利用者登録しておけば、死ねとか、裸と言う言葉が出てきたら、登録した保護者の方に連絡が行くと言うようなアプリを作るの簡単だと思います。

SNSのやり取りの中身をチェックする・・・?

filiiと言うソフト

filiiと言うソフト(Androidのみ)ですが、一部のキャリア等では有料のオプションとしてサービスを提供しています。SNSなどのやり取りをチェックして、異常があれば、それを親に通知してくれるようです。また、友だちの誰とやり取りしてるとか、親が把握していない友達と始めたなどもわかるようです。子供さんからすると、非常に楽しくないソフトなので、よほど、キチンと話し合っておかないと、過剰な干渉と毛嫌いされそうです。たまに、彼氏彼女の間でスマホチェックとかやってるとかありますが・・・これを強制的にアプリでやるわけですから高校生くらいになると反発を受ける可能性があります。

このソフトに関しては、twitter等では、やり取りのチェックがキチンと把握できるようですが、LINEに関しては中身全部を把握しているわけではなさそうです。

UQモバイル等が中高生におすすめ!憧れのiPhoneを安く手に入れるUQモバイル編オプション(月額300円)で提供しています。

使い方をキチンとわからせるのが重要

子供さんSNSのやり取りの中身をチェックするのも良いのですが、やはり、キチンと子供さんにネットの危険性を理解させることが重要です。又、小、中学生なら、思い切って最初のうちはSNSを使わせないのもお薦めです。約束事を作って誓約書などを取り交わしたりし(➡2017年子供のスマホデビュー誓約書例(中学生、高校生)永久保存版)、それを守るのは、大人になってからも当たり前にやるべきことなので、子供さんにとっては勉強の一つです。

スマホ利用の正しい使い方や、ネットの危険性をキチンと理解できるようになってから、SNSデビューをさせる』のが、よろしいかと思います。特に、小学生なら、キッズケータイなどでも十分かと思います。とにかく保護者の方が、何が必要で、何が不要かも把握しておきましょう。

フィルタリングソフトは、必ず使いたい

フィルタリングソフトは、子供さんのSNSの中身をチェック出来るわけではありません。あくまで、子供さんのネットの利用状況や閲覧履歴を把握したり、優良なサイトだけを見ることが出来るようにしたり、使用時間の制限や悪意のあるアプリのダウンロードを制限するのが目的です。

しかし、フィルタリングソフトを上手く利用することで、子供さんがネットを利用しての犯罪に巻き込まれるリスクは大幅に軽減されるので、是非検討しておきましょう。