子供の宿題お助けアプリってご存知ですか?

スマホお助け
お勉強お助けアプリの方が呼び方的には、安心しますが、宿題お助けアプリていうと何となくですが、ずるを助長するようなイメージもありますよね。

役に立つ使い方をすれば、すごく子供さんの教育のプラスになります。

一例 常用漢字筆順辞典 FREE

Androidアプリです。 Google Play
このアプリは、書き順がわからない時などにチェックすると良いかもしれませんね。子供さんにも人気のアプリです。

無料で、広告が表示されるタイプです。もっと機能を使いたければ、こんなアイテムを購入してとかがないタイプのアプリです。別売で、常用漢字筆順辞典有料版もあります。

他にも、多くの有用な便利なアプリがあります。さらに、子供の知育アプリとかは、よく聞かれたことはあると思います。

小さい子供さんは、止まらなくなってしまうので、きちんと何回までとか時間を決めて見せる方が良いですね。

知育アプリも、もっと色々見たければ、有料のサービスを買ってくださいと出るのが多いので、そこでやめてしまえば問題ないと思います。3歳以下でも見せることが出来るアプリもたくさんあります。

ちょっと大丈夫かなと言う使い方も出来ます。

数式をカメラで撮って認識させると、答えを出してくれる?

「PhotoMath カメラ計算機」このアプリが、一時SNSでも話題になってました。子供たちの間でも結構有名です。

数学のアプリですが、それ自体は、すごく良いものだと思われますが、使い方では、何の考えもせず答えを書き写すだけと言う事になるとちょっと困っちゃいますね。しかも途中の、計算過程(解法)なども出してくれます。

photomath_2016-12-01-12-37-31

手書きプリントでも、認識するよう進化しています。


解法を表示することも出来ます。


いやあ便利です。素晴らしい・・・!

最近では、AIがどんどん進化している時代ですから、こういうアプリも登場してくるのも当然かもしれません。

英語などの翻訳

英語などの翻訳アプリやサイトなどは、保護者の方も利用されてる方も多いのでよくご存じかと思いますが、年々精度があがっています。文脈を読み取るくらいまでなら、全然使えます。

英文なんかだと、OCRで読み込んでテキスト変換すれば、簡単にコピペで、無料の翻訳ソフトに投入出来ちゃいます。これが良いかどうかは別にしてこんなこと簡単に出来てしまう時代です。

Yahoo知恵袋で聞いちゃう/LINE Qで聞く。

Yahoo知恵袋なんてご存知ですか?

ここでも、分からないことがあれば、質問方法を工夫して聞いたら意外と答えを得ることが出来ます。多分、今ならストレートに聞いても教えてくれる人が多いかもしれません。

LINE Qでは、『大学生です。中学生までの数学なら相談に乗ります』(無料)なんてのもあります。でも、宿題に関しては、あまりきちんとした解答が拾えてるようには思いませんねえ・・・

責任ある回答がどこまで得られているのか(無料ですからね)の判断も、子供さんに出来るのか心配です。

まとめ

夏休みの宿題代行業とか、大学のレポート作成代行(卒論作成代行)なんてビジネスも登場してます・・・。

スマホにしろ、パソコンにしろ便利なのは良いのですが、使い方を間違うと、学校の宿題も、こう言ったツールやアプリを駆使した子供が、評価を上げるなんてことが出来てしまうかもしれません。

親が代わりにやってしまわないか?なんて、考えちゃったりします。よく夏休みの課題を親が必死になってるなんて事も見聞きします。進学塾に通っていると、学校の課題や宿題をやってる時間がないとか・・・

内申点を挙げるのに、宿題は重要な要素なんて言われてますが、こんなことで点数を上げる事も出来ると言う事になりかねません。まあ、定期テストや実際の入試では使えませんが・・・

学校の先生も大変ですねえーーー。