キッズ(子供)におススメ|TONEモバイルのプランの気になる特徴は?

tone-mobile-product01

専用の端末が必要になります(最新1機種がおすすめ)旧機種はネットのみ購入可能。SIMだけでの購入はできません。

初期費用 3,000円
パケット使い放題 あり
かけ放題プラン なし
フィルタリング(子供向け見守り機能) あり(無料)
余った通信量の持ち越し なし
通信量の追加購入 可能
高速通信のON/OFF なし
LINEの年齢認証/ID検索 SMS認証などが必要
最低利用期間 音声通話SIM24か月(9800円)
MNP転出 3,000円のMNP転出手数料
回線 NTTドコモの回線
サポート 無料

他のMVNOと比べると、プランも一つだけで1,000円から契約できる分かりやすいシンプルなプランが売り。この金額でネット閲覧、メールの送受信や、IP電話での通話(通常回線での通話を必要としない場合)もできます。

しかも、フィルタリング(見守り)機能が充実し、料金も無料。自社オリジナルの専用端末でTONEモバイル独自の機能です。保護者の方がTONEモバイルに未契約でも、月額200円でPCやスマホから、子供さんの利用状況の把握/使用制限/ダウンロード制限/歩きスマホの監視などの機能を利用できるようになります。

子供さんの見守りや初心者には嬉しい機能も多く、又、TONEモバイル自体のサポートも充実しているので子供さんに持たせるには、一押しのMVNOです。

特に、小学生くらいから塾の連絡用で使うのも良し、中高生になって少しずつ使い方を変えてSNSなどを子供さんに使わせたりと、いろんなバリエーションにも使いやすいスマホです。

当サイトでおすすめのLINEモバイルのプランなどと比べてもより低学年の子供さんに持たせるにはおすすめのMVNOです。

LINEモバイルのsnsカウントフリー(LINEやfacebook、twitter等のデータ通信がカウントされない)と比べても、低速通信でのパケットは使い放題なので、子供さんが小さい間は問題ないと思います。

LINEモバイルもフィルタリングアプリは、無料ですが、ご自分でインストールする必要があります。

TONEモバイルの料金プラン(通話SIMプラン)

基本プラン(パケット使い放題+通話基本料) 1000円

IP電話での基本料金も含まれています。

TONEモバイルのオプション

090音声オプション 953円 MNPや一般回線での通話が必要な場合。
SMSオプション 300円 SNS(LINE)などの認証には必要
安心オプション 500円 万が一の故障に備えて
高速チケットオプション 1GB 300円 動画視聴など(月間最大2GB迄)
TONEファミリーオプション 無料 (保護者がTONEを使ってない場合は、200円)

TONEモバイルの評判(口コミ)は?

tone-mobile-product04

月額料金が安いし、子供の充実した見守り機能に満足しています。
●回線の速度も、ネットサーフィンなどをするくらいなら十分。子供は、自宅のwifiで動画を見ています。
大人用でも使える格安スマホなので、子供の成長に合わせてプラン変更しようと思っています。
●塾へ行かせるにあたり、そろそろ持たせても良いかなと探していたのですが、今どこにいるかわかる機能など安心して持たせそうな機能が充実しています。
●専用の端末が必須なので、少し迷いましたが安心はお金では買えないと思い切って購入を決めました。
●子供には、約束事を作って持たせました。強制的にアプリの使用制限や時間制限できるなど、親には安心な機能が満載です。
ポケモンGO(PokémonGO)等も出来るので子供は喜んでますが、歩きスマホのお知らせ機能などはありがたいサービスです。
●LINEもSMSのオプションを付ければできます。音声通話は、LINEなどのアプリで十分ですね。

※緊急電話などが必要な場合は、オプションを付ければ大丈夫。

気になるTONEモバイルの速度は?

TONEモバイルの基本プランでは、パケット使い放題(低速通信)という事になっていますが、高速通信を必要とする動画再生には向いていません。Youtube等の動画を再生したいときには、基本的には、別途高速通信用としてチケットを購入する必要があります。

ただし、低速で十分なネットサーフィンや、メールの閲覧程度では十分なスピードがあるようです。LINEなどのSNSもテキストによるメッセージの送受信や、スタンプの送信程度は大丈夫です。TONEモバイルのカタログなどの公表値(500kbps~600kbps)では、他社の低速時の通信速度より早い設定になっています。

子供さんが、小さい間はそれほど高速通信が必要とは思えませんが、ご自宅でwifi環境がある場合はそれを使い、どうしても必要な時だけ購入されることをお勧めします。また、使い切った段階で、見れなくなるので、追加費用が発生することもありません。