まともやエロ先生。堺市の教育委員会が免職処分を発表!

顧問をしている運動部の女子生徒に全裸になることを強要したり、セクハラ発言を繰り返したりしたとして、堺市教育委員会は29日、市立学校の男性教諭(56)を懲戒免職処分にし、発表した。

教諭は「わいせつ目的ではなく、指導が高じた」と釈明しているという。

市教委によると、男性教諭は7日、前日の試合で敗れた女子生徒を呼び出し、壁を隔てた隣室から「裸になるぐらいの覚悟で頑張れ」「服を脱げ」と繰り返し強要。

女子生徒はやむを得ず全裸になったという。

生徒が服を着ることを許した後も、抱き寄せたり、背後から抱きつかせたりし、「成人したら先生とHしような」などと発言したという。

女子生徒が母親に相談して発覚した。男性教諭は「精神面を鍛えるためだった。裸になった姿は見ていない」と説明しているという。

市教委によると、男性教諭は1990年から顧問を務めていた。

部員への聞き取りによると、男性教諭は普段から他の生徒に対しても「先生とキスする覚悟はあるか」などと発言。

平手でたたいたり、足を蹴ったりする体罰も繰り返していたという。

今の所、犯罪とは言えないとして、問題教師の氏名とかは一切発表されていない。➡遅かれ早かれ、こんな事件の当事者の先生は、いずれさらされてしまうのもネットの世界です。

また、被害者も特定される恐れがあるので、詳細は、発表されません。

これって、ほぼ犯罪と思うに等しいとは思います。子供を守るべき教員がこんなことをするなんて、先日の、前川 前文科省事務次官や、寝屋川市の小学校教諭が引き起こした強姦事件。

又、被害者は子供ではありませんが、元TBSワシントン支局長の問題も、被害女性は、顔出しで被害を訴えています。

なぜエロオヤジが無くならないかは、性癖と言う、病気とは若干違うのかと言う癖の問題。先日ご紹介した、ロリコン癖、女癖の社長さんが言っていた『癖に付ける薬は無い』と言うのは本当なのかもしれません。

今回懲戒免職になった先生は、ギリギリの所で踏みとどまってる(「裸になるぐらいの覚悟で頑張れ」「服を脱げ」でも、裸は見ていない)から刑事事件になりませんという理由とかで訴追されないかも知れません。本人も、開き直りの様な弁明に走る可能性も高いです。

ただ、被害を受けた女子生徒や、そのご家族も、大変な精神的な苦痛(被害)を受けているはずです。この程度で済ますのは許されないですね。

子供を守る方法はあるのか。。。

今回の教師も、その子だけを特別に呼び出したとか、ある意味とても危険な行動をとっています。

こんな事件があると、学校にスマホとか持って行っておけばよかったとか、考えてしまいますよね。

誰か(保護者)にこっそりと助けを呼べたかもしれません。

基本は中学生、高校生には学校への持ち込みは禁止とか、学校へは持って行っても良いけれども、強制的に学校側が預けるようになっているところもあるようです。

スマホは、ある程度学校の中でも利用OKなんて線引きは難しい。

先生に対する指導が必要

先生方には、『生徒と二人きりで個別指導を行わない』『私的なメールを送らない。LINEのID交換をしない』等、事細かに教育的指導をしなければならないのが情けない話です。

さらに、校長など管理職に、生徒個別の指導をしたいときは報告し、許可を得る。個別始動する部屋を決めておき、指導内容を録画撮影をしておく。

子供さんも、上手くなりたいとか、レギュラーになりたいとか、認めてもらいたいなど色んな思いを持って部活に励んでいます。

部活の顧問と生徒と言う立場は、顧問が熱心であればあるほど、主従の様な関係性になってしまいがち。

言われたことに従うのが当たり前ってなってしまうと、どうしようもないですね。

特に女子生徒は、男子生徒に比べると、まじめに全てを受け入れてしまう可能性もありませんか?

中学生は、まだ、自己主張も出来ず、何もわかってない場合も多いので、指導者の的確な指示がないと大変な事になってしまいます。

先生=人格者 なのか・・・

現状では、顧問の先生がどれだけ普通(まとも)であるかに期待するしかありません。

先生(せんせい)とは、教育機関、あるいは塾において、教える者のこと。教員の呼び方である。wikipedia

まさに、先に生まれただけ・・・では困ります。

人格者だと言うのも幻想!?

人格者:::常に周囲の人々に信頼され・尊敬される、博愛の心を持つ、知力に優れ、奢り高ぶらず、 心が常に謙虚な人・・・

ここで、キチンと、子供のことを考えて指導してるのかどうかは、一体だれが、チェックするのが良いのでしょうか・・。

採用試験の方法、それから、採用後の定期的な指導監督が必要なのでしょうか・・・

やはり、先生の性癖チェックは、必要かもしれません。