所詮ソフトバンクさんのサブブランド!?

銀行口座振替が使える!?

ワイモバイルさんの店頭を通りかかったので、話だけでもと言うことで聞いてみました。

ちょうど、子供が使っているiPhoneCが画面がボロボロだし、卒業してすぐなのでクレジットカードを持ってなし、格安SIMは、銀行口座も使えないからと思っていたのです。

しかし、店頭購入だったら銀行口座振替が使えると言うお話。ただし、ワイモバイルも、オンラインショップでの購入は使えませんと言うお話でした。

1980円は、ハナから勧めてくれません!?

でも、ワイモバイルさんでは、一番安い1980円は、ハナから勧めてくれませんでした。こちらはテレビCMの1980円の話が聞きたかったのですが・・・

動画とかLINEとかやれば直ぐに、1GBとか2GBでは、使い物になりません』と言う説明。だから、多くの人はこのMプランを契約してますよ』と言うご説明。

なるほどねと、一瞬納得してしまうと、無理してでもそちらのプランに気持ちが行ってしまうことはありませんか?

特に、本当にわかってないとついつい高めのおすすめのプランが気になってしまいます

ある程度どんな目的で、どういう風に使うかをキチンと考えて頭の整理が出来てれば、押し切られることはありません。

確かに、1GBや2GBでは、動画を見れば簡単に、制限がかかってしまいます。でもウチの子供は、自宅のwifiでしか使わないし、友達との音声通話は、LINEと決めてます。

どういう使い方をするかも聞こうとしない・・・

SプランとMプランの違いは、月間の通信容量の違いだけです。ならば、どう考えてもうちの子供は、Mプランは不要になります。

LINEでは、そんなにパケットデータを消費するような通信ではありません。特にトークなどは、ほんのわずかです。

LINEをそんなに、消費するならそもそも、LINEがカウントフリーになるLINEモバイルやフリーテルなどもあり、そのほかにもLINEなどのヘビーユーザー向けの節約方法はいくらでもありますね。

しかも、うちの子供の場合は、外出中であればコンビニなどでwifiを使ったりと、思いっきり自分なりの節約モードを駆使しています。

これは昔からある常套手段

店頭に行けば、確かにきちんと説明してくれてる良いに見えるだけですね。情弱(情報弱者=IT弱者)と言われる方を相手ならもちろん通用します。

結局、子供さんのiPhoneにおすすめの節約デビューは、やはり一番安いスマホsプランです。このSプランについては、こちらでもご紹介(中学高校生におすすめ!安く憧れのスマホ(iPhone)が手に入る!)しています。

これに、店頭で購入する場合は、万が一の保険(壊れた時の補償)やノートンなどのセキュリティアプリなどを強烈にススメられて、これだけでも月々の料金が1000円程プラスになります。

基本的に子供さんの場合は、あんしんフィルターが無料なのでこれだけでも十分かと思います。さらに追加するなら月額300円で万が一、壊れた時の補償として保険が必要だとお感じになれば、契約されたらと思います。

あのコマーシャルは、店頭への客寄せだけのものですね。確かに私は、そう思います。ネットでもコマーシャルの集客効果があるのでしょうが、ネットの方が明らかに単価は下がるでしょう。
不完全な説明はできませんからね。美味しくないかも知れません。

店頭では、代理店の人達はハナからコマーシャルのプランは、キチンと説明もせず、適当なお話で、もうワンランク上のMプラン以上に加入させようとしています。
まあ資本主義の世の中ですから、高いものを売ろうとするのは当たり前ですが、一歩間違えたら不完全な説明と言われるようなきわどい事をしてるわけです。

最終的には、契約書にサインしてるわけですから、それほど、文句も出ないでしょう。ただ、『よく考えてみたら、テレビでは、1980円~と言ってたのに月々6000円超えた』と言う思いは残ります。

これが通用するのは、情弱で、意味が良くわからないけど安そうと言う人たちだけをお相手に出来る限りは安泰でしょう。それに、やはり日本人は性善説で、お人よしが多いですから・・・

いずれ、ユーザーさんも賢くなればわかりませんが・・・まあ、このあまりにも複雑な形態の業界なのでしばらくは続くと思います。

週末割引プランの証拠を残さない・・・

0円プランや、他社からの乗り換え(MNP)だけ特別割引や、キャッシュバックなどはチラシなどには出せなくなっています。ネット上でも、リアルの代理店HPには、価格は㊙とか、書いています。

今回の、やり取りで帰り際に、お得なキャンペーンの連絡をさせて貰うので電話番号を教えてください
「電話番号は、ちょっと無理、メールなら良いよ」と言ったら、「お互いの為に、電話が良いのです。」と意味不明な説明。

要は、「メールで残したくないのだよね。証拠は残さない。」と言っても、「はあ・・・」と言ったきり。でも、とりあえず何か言ってくるのかなと、とりあえず教えてみました。

そうしたら、確かに、その週の金曜日に電話がありました。

店員さん『先日は、ご来店いただきありがとうございました。ご検討いただけましたか?

こっち『まだ、してないよ。』

店員さん『そうでしたか・・・。又ご検討下さい。』

こっち『それだけ?』

店員さん『ハイ。』

こっち『あなたは先日、週末だけのお得な情報をお伝えするために電話番号を教えてと言ったはずでしょう?』

店員さん『ハイ。そうですね。』

こっち『何もないなら、電話番号を教える必要ないんじゃないの?』

店員さん『・・・・。』

こっち『大切な電話番号を教えているんだから、じゃあ、DBから削除してください。』

店員さん『ハイわかりました。』

こっち『キチンと依頼したのだから、間違いなくして下さいね。』

店員さん『きちんとさせてもらいます。』

どこまで、信用してよいのかわかりませんが・・・

まあ、たまたま、その週は、キャンペーンとか無かったのでしょう。

ただ、電話であれば、証拠となり難いと考えているようですね。総務省は、かなりシビアになってるようですからね。

こちらの記事とかもよかったら・・・➡NTTドコモが更にSIMロックの解除条件緩和を発表。今夏モデルから!
総務省に言われて、少しずつ小出しに対応してくるのがこの業界を牛耳る大手キャリアのやり方です。

とにかく、日本中には、大手キャリアの代理店だけでも星の数ほどあるわけなので競争しなければならない。

だから、総務省のご指導をかいくぐってでも販売ノルマをこなさないといけない現状があります。

ですから、ある意味、店頭での購入の場合は、お得な場合もあるかもしれませんが、結局必要でもないワンランク上のプランに契約してしまったり、本当にいるのと言うような保険に加入してしまう事もたくさんあります。

余談 修理の話しも嘘っぽい・・・テキトー

私が「以前、持っていたiPhone5はしょっちゅう壊れて1年間で修理代だけで2万円以上使ったことがある。しかもiPhoneは故障した時は、修理の手続きが面倒くさいから」と話したら、店員さんが、「わたしはiPhone5sをすでに、3年以上使ってますが壊れたことは一度もありません。だから、そんなに心配要りません。」と自分の体験談みたいなものを言うわけですね。

そんなことはどうでも良いわけですね。万が一故障したらどうするのかを、キチンと購入者に説明しなければなりません。

iPhoneの修理(故障)について・・・
実際壊れたら、iPhoneの修理は大変です。まず、購入したお店では、面倒見てくれません。
購入したお店では、保険に入っていたら、後で代金の支払い手続きには応じたりしてくれますが、修理の対応や、お預りや、代替品の貸し出しも一切ありません。
数少ない、『Appleさんの直営店へ連絡するか、正規ディーラーに連絡して勝手に対応してください。』と言うだけです。

後は、日本全国に数多くある非正規ディーラーに連絡して修理してもらう事になります。
非正規ディーラーも、腕の良い所から粗悪品のパーツを使って修理するところまであるのでご注意を・・・。

そんなことを考えて、購入するのがiPhoneです。iPhoneは、故障したらほんと痛い目に合う(それでも、iPhoneを続ける?結局アンドロイドにMNPした訳・・・)事があります。

だから、店員さんもキチンと説明する必要があります。それを説明したら、購入しない人が増える(Androidにする)かも知れません。実際、au、ソフトバンク、ドコモにしても、Androidの方が故障時の対応は安心です。

ただし、格安SIMや家電店で購入したりネットで購入したAndroidのSIMフリー端末もiPhone同様に修理は大変です。